日総工産(6569)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日の2月28日から始まります。日総工産IPOは規模(吸収金額112.1億円)の大きさが気になりますが、東証1部に決まれば何とかなりそうなサイズです。

ただ、日総工産IPOはフェイスネットワークIPOとの同時上場なので、資金分散の影響を受ける可能性はありそうです。

日総工産

日総工産(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名日総工産
コード6569
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月26日(3,130円~3,250円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(3,250円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募1,150,000株
売出し1,580,000株
OA409,500株
吸収金額112.1億円
時価総額277.7億円
想定価格3,570円→公開価格:3,250円
初値価格4,020円

日総工産IPOの事業内容

日総工産は、連結子会社3社及び持分法適用関連会社1社で構成されていて、「人を育て人を活かす」という創業理念に基づき、主に総合人材サービス事業を展開しています。

総合サービス事業では、製造系人材サービスとして製造派遣・製造請負を、事務系人材サービスとして一般事務派遣やBPO(Business Process Outsourcing)を行っています。

また、日総工産はその他事業として神奈川県横浜市及び福島県いわき市を中心に、施設介護(介護付有料老人ホーム)及び在宅介護等の介護・福祉事業も展開しています。

日総工産IPOの業績

日総工産の業績

(※画像クリックで拡大)

日総工産IPOの業績は概ね好調に推移していて、2018年3月期の業績も増収増益の見通しになっています。

日総工産のIPO評価

日総工産IPOは、今の状況なら何とか時価総額250億円以上という条件をクリアして、東証1部市場への新規上場になりそうです。

東証1部に決まった場合は、規模(吸収金額112.1億円)は小さい部類で、人材関連や介護というテーマ性もあるため、それなりの評価を得られそうです。

ただ、日産証券はIPOラッシュ中の上場というだけでなく、フェイスネットワークIPOとの同時上場なので、地合いや資金分散の影響を受けそうです。

よって、日総工産のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。日総工産IPOは、やはり規模の大きさが懸念材料ですが、それでも公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日総工産IPOのその他情報はこちら

日総工産IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

日総工産IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加する予定です。資金との兼ね合いもありますが、主幹事のみずほ証券を中心に、100%完全抽選のマネックス証券、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券、前受金不要の岡三オンライン証券などは申し込もうと考えています。

日総工産IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
いちよし証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
岩井コスモ証券 BB検討中
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加
カブドットコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ