和心(9271)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月13日)から開始されます。和心は、マザーズの小型IPOということで注目されているようです。

また、和心IPOはアズ企画設計IPOとの同時上場ですが、どちらも小型なのでさほど心配する必要はないと思います。

ただ、前日に上場するアジャイルメディア・ネットワークIPOが初日値付かずになると、3社同時上場になってしまうため、やや影響を受ける可能性はあります。

和心

和心(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名和心
コード9271
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
極東証券
マネックス証券
エース証券
エイチ・エス証券
上場日3月29日
仮条件決定日3月12日(1,620円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間3月13日から3月19日まで
公開価格決定日3月20日(1,700円に決定)
申込期間3月22日から3月27日まで
公募290,000株
売出し114,000株
OA60,600株
吸収金額7.5億円
時価総額44.6億円
想定価格1,620円→公開価格:1,700円
初値価格4,555円


和心IPO主幹事のSMBC日興証券

和心IPOの事業内容

和心は、「日本のカルチャーを世界へ」を経営理念に掲げ、和装小物の販売及び着物レンタル事業を展開しています。

モノ事業では、企画やザインから製造及び販売までを自社で徹底して管理する製造小売業、いわゆるSPAの事業形態を取っており、「かんざし屋wargo」「北斎グラフィック」など6ブランドの商品を、4業態44店舗(平成29年12月31日時点)で展開しています。

また、OEM事業ではクールジャパンの筆頭に挙げられるサブカルチャーコンテンツを手掛ける企業を主要取引先として、シルバーアクセサリー、かんざし、傘、箸などの幅広い商材を提案しています。

コト事業では、「きものレンタルwargo」の業態で京都をはじめ国内の主要都市や観光地に11店舗(平成29年12月31日時点)を出店するほか、ECサイトからも着物レンタルを提供しています。

和心IPOの業績

和心の業績

(※画像クリックで拡大)

和心IPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びているため、今後にも期待できそうです。

和心のIPO評価

和心は、規模(吸収金額7.5億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面で人気を集めると思います。

また、和装小物の販売及び着物レンタル事業は、インバウンドというテーマ性でも注目されそうです。

よって、和心のIPO評価は、Aが妥当だと考えています。和心は、IPOで人気化しにくい小売セクターという点を除けば、初値高騰の条件が揃っているので、公開価格の1.5倍以上の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

和心IPOのその他情報はこちら

和心IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

和心IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、SBI証券マネックス証券などの平幹事にもしっかりと申し込みたいと思います。

和心IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ