BASE(4477)IPOの新規上場が承認されました。BASE(ベイス)IPOは、10月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、BASEのIPO主幹事は大和証券SBI証券が共同で務めることになっています。10月のIPOはBASEで10銘柄になりましたが、まだいくつか新規承認されるかもしれませんね。

BASE

BASE(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名BASE
コード4477
主幹事証券大和証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
極東証券
カブドットコム証券
DMM.com証券
上場日10月25日
仮条件決定日10月8日(1,150円~1,300円に決定)
ブックビルディング期間10月9日から10月16日まで
公開価格決定日10月17日
申込期間10月18日から10月23日まで
公募405,000株→522,600株
売出し7,606,800株→6,704,800株
OA1,201,700株→1,084,100株
吸収金額150.2億円→135,5億円
時価総額313.4億円
想定価格1,630円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
BASE(4477)IPO主幹事のSBI証券

BASEのIPO概要

BASE(4477)IPOは、3つの項目を埋めるだけですぐにショップが開設できるネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を運営している企業です。

また、BASE(4477)IPOは80万を超えるネットショップからお気に入りのアイテムを購入することができるショッピングアプリ「BASE(ベイス)」も運営しています。

さらに、BASE(4477)IPOはシンプルなAPI・多彩な機能・分かりやすい料金形態で導入することができるオンライン決済サービス「PAY.JP」も提供しています。

BASE(4477)IPOは大型(吸収金額150.2億円)というだけでなく、公募株(405,000株)に比べて売出株(7,606,800株)が非常に多く、業績も赤字なので、慎重に判断する必要がありそうです。

BASE(4477)IPOでオススメの幹事証券

BASE(4477)IPOは大型で当選枚数も多いので、主幹事の大和証券SBI証券はかなり期待できそうです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール


また、SMBC日興証券は新たに証券口座を開設するだけで、IPOの優遇特典が得られるため、まだ口座をお持ちでない方は、当選確率アップのチャンスです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているため、同グループのカブドットコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


カブドットコム証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BASE(4477)IPOのその他情報はこちら

BASE(4477)IPOの初値予想

BASE(4477)IPOの初値予想は、仮条件決定後(10月8日以降)に追記させていただきます。

1,150円 (想定価格比:-480円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社