カーブスホールディングス(7085)IPOの新規上場が承認されました。カーブスホールディングスIPOは、3月2日に東京証券取引所1部市場または2部市場へ新規上場する予定です。

また、カーブスホールディングスIPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務めることになっています。

カーブスホールディングスIPOは、親会社のコシダカホールディングス(2157)が日本初の株式分配型スピンオフ(現物配当)によってIPO新規上場すると発表していたので、予定通りの新規上場になります。

ただ、スピンオフによるIPOは日本初で、通常のIPOとは異なるため、どのような新規上場になるのか予想しにくいですね。

カーブスホールディングス

カーブスホールディングス(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名カーブスホールディングス
コード7085(サービス業)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
いちよし証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
上場日3月2日
仮条件決定日2月12日(720円~750円に決定)
ブックビルディング期間2月13日から2月19日まで
公開価格決定日2月20日(750円に決定)
申込期間2月21日から2月27日まで
公募2,415,000株
売出し0株
OA362,000株
吸収金額20億円
時価総額610億円
想定価格720円→公開価格:750円
初値価格670円

SMBC日興証券 オンライントレード
カーブスホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

カーブスホールディングスIPOの概要

カーブスホールディングスIPOは、女性向けのフィットネス施設「カーブス」の運営を行っている企業です。

カーブスは、運動が苦手な女性、年齢による体力低下を心配されている女性など、様々な悩みを抱えた女性に、最適のプログラムを提供しています。

カーブスは、全国47都道府県に2,008店舗(2019年11月末時点)を展開していて、会員数も86万人に達しています。

カーブスホールディングスIPOは、日本初の株式分配型スピンオフ(現物配当)によるIPOなので、親会社のコシダカホールディングスの株主なら、自動的にカーブスホールディングスIPOの株が貰えてしまうのが、通常のIPOと大きく異なる点です。

日本初のスピンオフという点では注目されると思いますが、より詳しく調べて判断する必要がありそうです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カーブスホールディングスIPOのその他情報はこちら

カーブスホールディングスIPOの幹事団は、主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券を中心に、SMBC日興証券丸三証券などの6社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

カーブスホールディングスIPOの初値予想

カーブスホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月12日以降)に追記させていただきます。

1,000円→850円 (公開価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想:900円~1,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社