GA technologies(3491)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(7月6日)からスタートします。

GA technologiesは、それほど規模が大きくなく、Retech(不動産テック)というテーマ性もあるため、人気化しそうな気配です。

また、GA technologiesはIPOチャレンジポイントでも当選を狙えるSBI証券が主幹事なので、個人投資家の関心度もかなり高いと思います。

GA technologies

GA technologies(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名GA technologies
コード3491
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券
上場日7月25日
仮条件決定日7月4日(2,310円~2,510円に決定)
ブックビルディング期間7月6日から7月12日まで
公開価格決定日7月13日(2,510円に決定)
申込期間7月18日から7月23日まで
公募600,000株
売出し0株
OA0株
吸収金額12.8億円
時価総額90.6億円
想定価格2,130円→公開価格:2,510円
初値価格初値決定後に追記


GA technologies(3491)IPO主幹事のSBI証券

GA technologies(3491)IPOの事業内容

GA technologiesは、「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」という経営理念のもと、中古不動産に特化した流通プラットフォームRenosy(リノシー)」の運営を行っています。

「Renosy(リノシー)」は、テクノロジーとリアル(不動産事業)との融合によるエンド・トゥー・エンドのサービス提供と、AI(人工知能)及びRPA(ロボットによる業務自動化)活用による高効率かつ科学的な業務運営が特徴です。

また、GA technologiesは投資物件情報の提案、収支シミュレーション、キャッシュフローの管理、そして物件管理まで、不動産投資に関わる全てをアプリ一つで完結する不動産投資家のためのアプリ「Renosy Insight (リノシーインサイト)」も提供しています。

GA technologies(3491)IPOの業績

GA technologiesの業績

(※画像クリックで拡大)

GA technologiesの売上は理想的な右肩上がりで、利益も急激に伸びているようです。

GA technologiesのIPO評価

GA technologiesは、個人投資家に人気のSBI証券が主幹事で、規模(吸収金額12.8億円)も大きくないため、かなりの人気を集めると思います。

また、売出株ゼロの公募株のみというのも好印象で、Retech(不動産テック)AI(人工知能)RPA(ロボットによる業務自動化)といったIPO向きのテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、GA technologiesのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。GA technologies(3491)IPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

GA technologies(3491)IPOのその他情報はこちら

GA technologies(3491)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

GA technologies(3491)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のSBI証券はIPOチャレンジポイントの利用も検討しています。

また、SMBC日興証券岩井コスモ証券などの平幹事ももれなく申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいと考えています。

GA technologies(3491)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ