エクスモーション(4394)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の7月9日から始まります。エクスモーションはアクリートとの同時上場ですが、どちらも規模が大きくないので、十分にこなせると思います。

また、エクスモーションは前日に新規上場するGA technologiesと同様に主幹事がSBI証券なので、にほんブログ村などでもIPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数ついて、色々な意見が飛び交っていますね。

エクスモーション

エクスモーション(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エクスモーション
コード4394
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
東洋証券
極東証券
エイチ・エス証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日7月26日
仮条件決定日7月5日(3,140円~3,340円に決定)
ブックビルディング期間7月9日から7月13日まで
公開価格決定日7月17日(3,340円に決定)
申込期間7月19日から7月24日まで
公募200,000株
売出し164,000株
OA54,600株
吸収金額13.4億円
時価総額40億円
想定価格3,200円→公開価格:3,340円
初値価格初値決定後に追記


エクスモーションIPO主幹事のSBI証券

エクスモーションIPOの事業内容

エクスモーションは、自動車、ロボット、デジタル機器等の製品に組込まれる組込みソフトウェアの品質改善に特化したコンサルティングを提供しています。

エクスモーションは、特に自動車分野で大きな実績を持ち、現在も国内の自動車メーカーやサプライヤーに対し、モデルベース開発の導入・展開や機能安全への対応などを中心に数多くの支援を行っています。

また、エクスモーションはコンサルティング時の技術導入や単独の人材育成用トレーニングサービスのために、自社内で技術習得用のトレーニング教材を独自開発して提供しています。

さらに、エクスモーションはツール事業として、ソースコードの品質を診断する「eXquto」、モデルの品質を診断する「MODEL EVALUATOR」、異なるモデルどうしの変換ツール「mtrip」の3つをリリースしています。

エクスモーションIPOの業績

エクスモーションの業績

(※画像クリックで拡大)

エクスモーションIPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も堅調に推移して問題なさそうです。

エクスモーションのIPO評価

エクスモーションは、それほど規模(吸収金額13.4億円)が大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面は良好だと思います。

また、組込みソフトウェアの品質改善に特化したコンサルティング事業は、専門性が高くて業績も好調なので、一定の評価を得られそうです。

よって、エクスモーションのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。エクスモーションIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エクスモーションIPOのその他情報はこちら

エクスモーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エクスモーションIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。SBI証券が主幹事なので、IPOチャレンジポイントを使う手もありますが、私は今のところ使わずに勝負するつもりです。

また、エクスモーションIPOは幹事数が多いので、SMBC日興証券マネックス証券など、幅広く申し込んで当選を狙いたいと思います。

エクスモーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岡三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
極東証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
むさし証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ