ヘッドウォータース(4011)IPOの新規上場が承認されました。ヘッドウォータースIPOは、9月29日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ヘッドウォータースIPOの主幹事は前日に新規上場するrakumoに続いて、みずほ証券が務めることになっています。9月下旬はIPOラッシュになったので大いに盛り上がりそうですね。

ヘッドウォータース

ヘッドウォータース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヘッドウォータース
コード4011(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
楽天証券
松井証券
東海東京証券
極東証券
あかつき証券
マネックス証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月7日(2,240円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日まで
公開価格決定日9月16日(2,400円に決定)
申込期間9月17日から9月24日まで
公募100,000株
売出し0株
OA15,000株
吸収金額2.6億円
時価総額20.7億円
想定価格2,240円→公開価格:2,400円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ヘッドウォータースIPO幹事のSBI証券

ヘッドウォータースIPOの概要

ヘッドウォータースIPOは、AIアプリの企画開発AIプラットフォームの運営を行っています。

また、ヘッドウォータースIPOはクラウドサービスの運営クラウドロボティクスサービスなども提供しています。

さらに、ヘッドウォータースIPOはPepperアプリ開発のリーディングカンパニーとして、Pepperアプリケーションの企画・開発も行っています。

ヘッドウォータースはIPOは、AI(人口知能)関連の超小型(吸収金額2.6億円)IPOなので、間違いなく人気化しそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヘッドウォータースIPOのその他情報はこちら

ヘッドウォータースIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券楽天証券松井証券などの8社で構成されています。


IPOは前受金不要(事前入金不要)の松井証券

ヘッドウォータースIPOの初値予想

ヘッドウォータースIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月7日以降)に追記させていただきます。

15,000円 (想定価格比:+12,760円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,700円~5,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,800円~5,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社