紀文食品(2933)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(3月24日)から始まります。紀文食品は、すでに上場していても全くおかしくない超有名な食品メーカーです。

紀文食品はIPOラッシュ中の新規上場になりますが、前後のIPOと若干間隔を空けての単独上場なので、日程には恵まれている方ですね。

紀文食品

紀文食品(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名紀文食品
コード2933(食料品)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
極東証券
エース証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日4月13日
仮条件決定日3月22日(1,060円~1,160円に決定)
ブックビルディング期間3月24日から3月30日まで
公開価格決定日3月31日(1,160円に決定)
申込期間4月2日から4月7日まで
公募3,000,000株
売出し1,144,000株
OA621,600株
吸収金額62.4億円
時価総額290.9億円
想定価格1,310円→公開価格:1,160円
初値価格1,271円

SMBC日興証券 オンライントレード

紀文食品IPOの事業内容

紀文食品は、自社、連結子会社14社(国内7社、海外7社)、非連結子会社1社(国内1社)、持分法適用関連会社3社(国内1社、海外2社)で構成されており、国内食品事業食品関連事業海外食品事業を展開しています。

紀文食品の事業

国内食品事業では、日本国内において水産練り製品、惣菜、水産珍味類等の食品の製造販売及び水産練り製品の原材料となるすり身及び水産練り製品等の水産品、農畜産品の輸出入と国内仕入販売を行っています。

食品関連事業では、チルド食品の国内物流を核に、荷主から物流を一貫して請け負う3PL(サードパーティ・ロジスティクス)ビジネス及び複数の顧客と同社が車両を共有して配送する共同配送事業等を展開しています。

海外食品事業では、海外において水産練り製品等の食品の製造販売及び水産練り製品やすり身等の農畜水産品の輸出入及び仕入販売を行っています。

紀文食品IPOの事業系統図

紀文食品の事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 既存商品生産設備の更新及び新規商品生産設備の新設費用
  2. 当社連結子会社への投融資

紀文食品IPOの業績

紀文食品の業績

(※画像クリックで拡大)

紀文食品IPOの業績は、東証1部らしく概ね堅調に推移していますね。

紀文食品のIPO評価

紀文食品は東証1部への単独上場で、規模(吸収金額62.4億円)も東証1部にしては小さいため、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(37万株)がありはしますが、それでも需給面は悪くありません。

また、食品事業はIPOで人気とは言えませんが、紀文食品は誰もが必ず食べたことがある知名度抜群の食品メーカーなので、それでも注目されそうです。

よって、紀文食品のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。紀文食品IPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

紀文食品IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

紀文食品IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のみずほ証券はもとより、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事も申し込む予定です。

紀文食品IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社