国際紙パルプ商事(9274)IPOの仮条件が決定しました。国際紙パルプ商事IPOは、低位株で事業内容も地味なため、あまり注目されていないようです。

ただ、東証1部に決まった場合は、規模(吸収金額27.7億円)が小さくて業績も安定しているため、それなりの評価は得られそうですね。

国際紙パルプ商事

国際紙パルプ商事IPOの過去記事

国際紙パルプ商事IPOのBBスタンスとIPO評価!地味で人気薄!?

国際紙パルプ商事IPOの新規上場を承認!みずほ主幹事の低位株IPO!

国際紙パルプ商事IPOの仮条件

314円~344円

国際紙パルプ商事IPOの仮条件は、想定価格の3444円を上限に下方へ少しだけ拡げたレンジになっています。

国際紙パルプ商事IPOは、新規承認時から評価がイマイチだったので、やや弱めの仮条件も致し方ないと思います。

ただ、公開価格が仮条件の上限(344円)で決まらないと、東証2部になる可能性もあるため、まずは上限で決まるかがポイントになりますね。


SMBC日興証券のIPOルール

国際紙パルプ商事IPOの初値予想

394円⇒400円 (公開価格比:+56円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:400円~450円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:380円~430円)

国際紙パルプ商事IPOは、東証1部に新規上場することが前提になりますが、規模(吸収金額27.7億円)が小さくて業績も堅調なので、そこそこの人気を集めると思います。

国際紙パルプ商事IPOは想定価格(344円)が安いので、大きな利益は狙えませんが、リスクも小さくて大崩れはしないと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

国際紙パルプ商事IPOのその他初値予想はこちら

国際紙パルプ商事IPOの幹事団

国際紙パルプ商事IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岡三証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券

主幹事のみずほ証券300株配分なので、想定価格が安くてもそこそこの利益を得られるかもしれませんね。

また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須です。


SBI証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社