ラキール(4074)IPOの新規上場が承認されました。ラキールIPOは、7月16日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ラキールIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

7月のIPOは、ラキールで4銘柄目となりました。ここまではまずまずのペースなので、この調子であといくつか新規承認されてほしいですね。

ラキール

ラキール(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ラキール
コード4074(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
SMBC日興証券
あかつき証券
東洋証券
岩井コスモ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
丸三証券
上場日7月16日
仮条件決定日6月28日
ブックビルディング期間6月30日から7月6日
公開価格決定日7月7日
申込期間7月8日から7月13日まで
公募840,000株
売出し420,000株
OA189,000株
吸収金額18.8億円
時価総額94億円
想定価格1,300円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ラキールIPO幹事のSMBC日興証券

ラキールIPOの概要

ラキールIPOは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化や戦略的ITを実現するデジタルビジネスプラットフォーム「LaKeel DX」の開発・販売を行っています。

また、ラキールIPOは企業利用に特化したビジネス専用メッセンジャー「LaKeel Messenger」も提供しています。

さらに、ラキールIPOは「LaKeel BI」を用いたデータアナリティクスサービスや、「RPA導入支援サービス」なども展開しています。

ラキールIPOは、規模(吸収金額18.8億円)がそれほど大きくなく、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、それなりの人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ラキールIPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、IPO幹事常連のSBI証券SMBC日興証券などの9社で構成されています。

主幹事が野村證券なので、コラントッテIPOと同じく、LINE証券が委託幹事になる可能性もありそうです。

LINE証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事りするかもしれませんね。

ラキールIPOの初値予想

ラキールIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月28日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社