ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)IPOの新規上場が承認されました。ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは、3月19日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。また、ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは昨日新規承認されたKHCコプロ・ホールディングスIPOとの3社同時上場になります。

ミンカブ・ジ・インフォノイド

ミンカブ・ジ・インフォノイド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ミンカブ・ジ・インフォノイド
コード4436
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
岡三証券
藍澤證券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
東洋証券
水戸証券
むさし証券
内藤証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日3月19日
仮条件決定日2月27日(950円~1,050円に決定)
ブックビルディング期間3月1日から3月7日まで
公開価格決定日3月8日(1,050円に決定)
申込期間3月12日から3月15日まで
公募1,000,000株
売出し1,740,200株
OA411,000株
吸収金額30.3億円
時価総額120.4億円
想定価格960円→公開価格:1,050円
初値価格1,400円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ミンカブ・ジ・インフォノイドIPO主幹事のSBI証券

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOの概要

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは、個人投資家に人気の「みんなの株式」や「株探」などを運営している企業です。

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは、投資家向けネットメディアで収集される集合知及びその収集ノウハウ(クラウド)と、世界100カ国をカバーする金融・経済・企業データ(DATA)を、高度な演算技術を活用した数量解析と自動生成(AI)で融合するという、独自のフィンテックを用いて、高品質な金融情報をリアルタイムに配信しています。

みんなの株式」と「株探」は、私もよく利用していますが、個人投資家に人気のサイトなので、知名度抜群だと思います。

また、ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは、フィンテックAI(人工知能)クラウドといったテーマ性でも注目されそうです。

ただ、ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOはやや規模(吸収金額30.3億円)が大きく、売出株やVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、より詳しく調べて判断したいと思います。

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOでオススメの幹事証券

主幹事のSBI証券は、IPOチャレンジポイント使って当選を狙うこともできるので、要注目の証券会社です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOは当選枚数が多いため、SMBC日興証券
マネックス証券松井証券などの平幹事にもチャンスがありそうです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOのその他情報はこちら

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOの初値予想

ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月27日以降)に追記させていただきます。

1,570円 (想定価格比:+520円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社