サーバーワークス(4434)IPOの新規上場が承認されました。サーバーワークスIPOは、3月13日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、サーバーワークスIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。本日は、後ほどご紹介するエヌ・シー・エヌIPOサンケイリアルエステート投資法人IPOも新規承認されています。やはり、3月は中旬からIPOラッシュになりそうですね。

サーバーワークス

サーバーワークス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名サーバーワークス
コード4434
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日3月13日
仮条件決定日2月22日(4,320円~4,780円に決定)
ブックビルディング期間2月26日から3月4日まで
公開価格決定日3月5日(4,780円に決定)
申込期間3月6日から3月11日まで
公募200,000株
売出し122,100株
OA48,300株
吸収金額16億円
時価総額73億円
想定価格4,320円→公開価格:4,780円
初値価格18,000円


サーバーワークスIPO幹事のマネックス証券

サーバーワークスIPOの概要

サーバーワークスIPOは、AWS(Amazon Web Services)に特化したインテグレーション事業を展開している企業です。

サーバーワークスIPOは、AWS導入支援AWS運用サービスAWS自動化ツールなど、AWSの提案及び設計構築から運用まで、ワンストップでサービスを提供しています。

サーバーワークスIPOは、人気になりやすいIT関連事業を展開していて、規模(吸収金額16億円)もさほど大きくないため、かなりの人気を集めそうです。

サーバーワークスIPOでオススメの幹事証券

主幹事の大和証券は当然ながら、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も申し込み必須です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、マネックス証券は100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるので要チェックです。


マネックス証券のIPOルール


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高いと思います。←正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サーバーワークスIPOのその他情報はこちら

サーバーワークスIPOの初値予想

サーバーワークスIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月22日以降)に追記させていただきます。

12,500円 (想定価格比:+8,180円)

(※大手予想会社の初値予想:8,000円~10,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社