エヌリンクス(6578)IPOのBB(ブックビルディング)が、4月11日からスタートします。エヌリンクスIPOは小型(吸収金額7.6億円)というだけでなく、4月最後のIPOという点でも注目されそうです。

また、エヌリンクスIPOは主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインと当選配分数も気になるところです。

ただ、個人的にはIPOチャレンジポイントを使う価値があるかは微妙に感じています。

エヌリンクス

エヌリンクス(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名エヌリンクス
コード6578
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
岡三証券
極東証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
東洋証券
エイチ・エス証券
岡三オンライン証券
上場日4月27日
仮条件決定日4月9日(1,670円~1,810円に決定)
ブックビルディング期間4月11日から4月17日まで
公開価格決定日4月18日(1,810円に決定)
申込期間4月20日から4月25日まで
公募300,000株
売出し108,000株
OA61,200株
吸収金額7.6億円
時価総額37.3億円
想定価格1,620円→公開価格:1,810円
初値価格3,780円

エヌリンクスIPOの事業内容

エヌリンクスは、日本放送協会(NHK)からの契約・収納代行業務を主とする営業代行事業と、チャットシステムを利用したお部屋探されサイト「イエプラ」の運営及び、ゲーム攻略サイト「アルテマ」の運営を主としたメディア事業を展開しています。

売上高の大半を占める日本放送協会(NHK)の契約・収納代行業務は、2010年3月の設立以降、NHKから継続して委託を受けており、毎期その契約数を増やしています。

また、エヌリンクスは求人広告の販売及び採用や、営業のコンサルティング業務等も行っています。

エヌリンクスIPOの業績

エヌリンクスの業績

(※画像クリックで拡大)

エヌリンクスIPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びていますね。

エヌリンクスのIPO評価

エヌリンクスは、想定価格ベースで吸収金額が7.6億円と小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、エヌリンクスは4月最後のIPOでその後の新規上場も決まっていないため、日程にも恵まれています。

日本放送協会(NHK)の契約・収納代行業務は印象が良いとは言えませんが、業績好調なので一定の評価は得られそうです。

よって、エヌリンクスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。エヌリンクスIPOは、公開価格の1.5倍から2倍程度の初値が付くと予想していますが、地合い次第では予想以上に初値が跳ねる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エヌリンクスIPOのその他情報はこちら

エヌリンクスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エヌリンクスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。ただ、主幹事のSBI証券は今のところIPOチャレンジポイントは使わずに、少ない資金で勝負しようと考えています。

エヌリンクスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
極東証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
エイチ・エス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ