アイペット損害保険(7323)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の4月10日から始まります。アイペット損害保険は、ペット保険の中でも知名度が高いため、それなりの関心を集めると思います。

ただ、同時上場のベストワンドットコムIPOの方が人気化しそうで価格も高いため、資金分散の影響を受ける可能性はありそうです。

アイペット損害保険

アイペット損害保険(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイペット損害保険
コード7323
主幹事証券大和証券

幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
いちよし証券
SBI証券
岡三オンライン証券
上場日4月25日
仮条件決定日4月6日(2,600円~2,850円に決定)
ブックビルディング期間4月10日から4月16日まで
公開価格決定日4月17日(2,850円に決定)
申込期間4月18日から4月23日まで
公募450,000株
売出し234,700株
OA102,700株
吸収金額133.8億円
時価総額20.5億円
想定価格2,600円→公開価格:2,850円
初値価格4,500円

アイペット損害保険IPOの事業内容

アイペット損害保険は、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」という経営理念のもと、ペット保険事業を展開しています。

アイペット損害保険では、犬・猫向けに通院から入院・手術まで幅広くカバーしたペット医療費用保険「うちの子」および「うちの子プラス」、手術と手術を含む連続した入院に補償を限定し、保険料を抑えたペット手術費用保険「うちの子ライト」の3つのタイプの商品を提供しています。

また、アイペット損害保険はペットショップ代理店でのペットのお迎え時における限定商品として、鳥・うさぎ・フェレット向けのペット医療費用保険「うちの子キュート」も提供しています。

アイペット損害保険IPOの業績

アイペット損害保険の業績

(※画像クリックで拡大)

アイペット損害保険IPOの収益は右肩上がりで推移していますが、利益はややバラついているようです。

アイペット損害保険のIPO評価

アイペット損害保険は、そこそこの規模(吸収金額20.5億円)ですが、ペット保険業界の中でも知名度が高いので、それなりの人気を集めると思います。

また、ペット関連事業は今後も安定した需要が見込めそうなことから、ペット保険事業も一定の評価を得られそうです。

よって、アイペット損害保険のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。アイペット損害保険IPOは、ベストワンドットコムIPOとの同時上場なので、資金分散の影響が少し気になりますが、それでも公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイペット損害保険IPOのその他情報はこちら

アイペット損害保険IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アイペット損害保険IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事の大和証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券など、全ての平幹事にも申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

アイペット損害保険IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ