シンプレクス・ホールディングス(4373)IPOの新規上場が承認されました。シンプレクス・ホールディングスIPOは、9月22日に東京証券取引所1部市場へ新規上場する予定です。

また、シンプレクス・ホールディングスIPOの主幹事はSMBC日興証券みずほ証券が共同で務めることになっています。

シンプレクス・ホールディングスIPOは、すでに新規承認されているユミルリンクIPOコアコンセプト・テクノロジーIPOとの3社同時上場になります。

それにしても、スケジュールには余裕がありそうなのに、大安だからと同時上場するのであるならば、勘弁してほしいですね。

シンプレクス・ホールディングス

シンプレクス・ホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名シンプレクス・ホールディングス
コード4373(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
松井証券
マネックス証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
上場日9月22日
仮条件決定日9月6日(1,520円~1,620円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月10日
公開価格決定日9月13日(1,620円に決定)
申込期間9月14日から9月17日まで
公募0株
売出し20,650,300株
(国内:9,604,800株8,500,300株→6,291,200株
海外:11,045,500株12,150,000株→14,359,100株)
OA1,440,700株
吸収金額335.8億円
(国内:167.9億円151.1億円→117.5億円
海外:167.9億円184.7億円→218.3億円)
時価総額734億円
想定価格1,520円→公開価格:1,620円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
シンプレクス・ホールディングスIPO主幹事のSMBC日興証券

シンプレクス・ホールディングスIPOの概要

シンプレクス・ホールディングスIPOは、公的機関や金融機関、各業界をリードする企業のDX推進を支援するために、戦略/DXコンサルティングシステムコンサルティングを行っています。

また、シンプレクス・ホールディングスIPOはシステム開発や24時間365日体制での運用保守も行っています。

ちなみに、シンプレクス・ホールディングスIPOは2002年2月にジャスダックへ新規上場し、2013年10月にMBOにより上場を廃止しているので、再上場案件となります。

シンプレクス・ホールディングスIPOは、時流に乗ったDX(デジタルトランスフォーメーション)支援サービスを展開していますが、3社同時上場というだけでなく、売出株のみの大型(吸収金額335.8億円)な再上場IPOというのが気掛かりですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

シンプレクス・ホールディングスIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券みずほ証券を中心に、SBI証券マネックス証券などの10社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

シンプレクス・ホールディングスIPOの初値予想

シンプレクス・ホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月6日以降)に追記させていただきます。

1,620円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想:1,620円~1,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社