レナサイエンス(4889)IPOの新規上場が承認されました。レナサイエンスIPOは、9月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、レナサイエンスIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

9月のIPOは、このところ良い感じで新規承認されています。あとは、キオクシアが噂通りに新規承認されるかが気になりますね。

レナサイエンス

レナサイエンス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名レナサイエンス
コード4889(医薬品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
いちよし証券
丸三証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月6日(630円~670円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月13日
公開価格決定日9月14日(670円に決定)
申込期間9月15日から9月21日まで
公募2,240,000株
(国内:1,529,300株
海外:710,700株)
売出し711,400株
(国内:485,700株
海外:225,700株)
OA442,700株
吸収金額21.4億円
(国内:15.5億円
海外:5.9億円)
時価総額77.3億円
想定価格630円→公開価格:670円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
レナサイエンスIPO主幹事のSMBC日興証券

レナサイエンスIPOの概要

レナサイエンスIPOは大学発の創薬ベンチャーとして設立され、慢性骨髄性白血病や新型コロナウィルス感染症などの医薬品の開発と実用化を目指しています。

また、レナサイエンスIPOは腹膜透析を対象とする医療機器や、AI(人工知能)を活用した医療ソリューションの開発も行っています。

レナサイエンスIPOは、規模(吸収金額21.4億円)が大きいというほどではなく、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されています。

ただ、レナサイエンスIPOはバイオベンチャーだけに業績が赤字なので、より詳しく調べて判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

レナサイエンスIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、SBI証券丸三証券などの7社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

レナサイエンスIPOの初値予想

レナサイエンスIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月6日以降)に追記させていただきます。

800円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想:770円~870円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社