ユニフォームネクスト(3566)IPOのBB(ブックビルディング)が、6月29日から開始されます。ユニフォームネクストIPOは、ソウルドアウトIPOから1週間空けての単独上場なので、スケジュールに問題はありません。

また、ユニフォームネクストIPOは7月に新規上場する銘柄の中で、一番規模が小さいため、需給面で人気を集めそうです。

ユニフォームネクスト

ユニフォームネクスト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユニフォームネクスト
コード3566
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
松井証券
上場日7月19日
仮条件決定日6月27日(2,460円~2,800円に決定)
ブックビルディング期間6月29日から7月5日まで
公開価格決定日7月6日(2,800円に決定)
申込期間7月10日から7月13日まで
公募200,000株
売出し0株
OA30,000株
吸収金額5.7億円
想定価格2,460円
初値価格6,640円

ユニフォームネクストIPOの事業内容

ユニフォームネクストは、「ユニフォームを使用するお客様に最高の満足を提供する」を経営理念とし、インターネットを中心に全国の企業、店舗、個人への業務用ユニフォームを販売しています。

ユニフォームネクストは、飲食店のユニフォームやコックコートなどの通信販売を行っている「フードユニフォーム」や医療ユニフォームの通信販売を行っている「クリニックユニフォーム」を運営しています。

また、事務服やオフィスウェアなどの通信販売を行っている「オフィスユニフォーム」、作業服や作業着などの通販を行っている「ワークユニフォーム」、レインコートや雨合羽の通信販売を行っている「カッパライフ」も運営しています。

ユニフォームネクストIPOの業績

ユニフォームネクストの業績

(※画像クリックで拡大)

ユニフォームネクストIPOは、売上及び利益が右肩上がりで伸びていて業績好調ですね。

ユニフォームネクストのIPO評価

ユニフォームネクストIPOは、吸収金額が想定価格ベースで5.7億円と小さく、当選枚数も極めて少ないため、プラチナチケットと言っても過言ではありません。

業務用ユニフォームの通信販売というのは、IPOで人気とは言えませんが、業績は好調なので、事業面でもそれなりの評価を得られそうです。

また、ユニフォームネクストは福井県が本社の地方企業ですが、通信販売をメインとしているため、さほどマイナスにならないと思います。

ユニフォームネクストIPOは、需給面だけみればA評価だと思いますが、事業内容が地味でIPO向きでないため、Bが妥当だと考えています。


にほんブログ村

ユニフォームネクストIPOのその他情報はこちら

ユニフォームネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユニフォームネクストIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。

主幹事の野村證券はもとより、IPOでお馴染みのSMBC日興証券SBI証券など、全ての幹事証券に申込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

ユニフォームネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社