ビザスク(4490)IPOの新規上場が承認されました。ビザスクIPOは、3月10日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ビザスクIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。本日は、先ほどご紹介したウイルテックIPOも新規承認されており、やはり3月はIPOラッシュになりそうな気配ですね。

ビザスク

ビザスク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ビザスク
コード4490
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
野村證券
東海東京証券
SBI証券
マネックス証券
上場日3月10日
仮条件決定日2月19日(1,300円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間2月20日から2月27日まで
公開価格決定日2月28日(1,500円に決定)
申込期間3月2日から3月5日まで
公募500,000株
売出し2,343,200株→1,721,000株
OA426,400株→333,000株
吸収金額68.7億円→53.6億円
時価総額171.9億円
想定価格2,100円→公開価格:1,500円
初値価格1,310円

SMBC日興証券 オンライントレード
ビザスクIPO幹事のSMBC日興証券

ビザスクIPOの概要

ビザスクIPOは、ビジネス領域特化の日本最大級ナレッジシェアプラットフォーム 「ビザスク」と 「ビザスクlite」を運営している企業です。

ビザスクのスポットコンサルでは、求める知見をもつアドバイザーに1時間単位のインタビューを実施することで、インターネット検索や文献調査では得られないリアルで鮮度の高い情報を得ることが出来ます。

また、ビザスクIPOは新規事業創出や組織開発に関するコンサルティング事業も行っています。

ビザスクIPOは、マザーズにしては規模(吸収金額68.7億円)が大きく、売出株(2,343,200株)の多さも気になりますが、事業面では注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビザスクIPOのその他情報はこちら

ビザスクIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券SMBC日興証券などの大手証券会社に加え、IPO抽選組に人気のSBI証券マネックス証券などで構成されています。


マネックス証券のIPOルール

ビザスクIPOの初値予想

ビザスクIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月19日以降)に追記させていただきます。

1,700円 (想定価格比:-400円

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,450円~1,650円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社