フォーラムエンジニアリング(7088)IPOの新規上場が承認されました。フォーラムエンジニアリングIPOは、3月9日に東京証券取引所1部又は2部市場へ新規上場する予定です。

また、フォーラムエンジニアリングIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。本日は、後ほどご紹介するコンピューターマネージメントIPOも新規承認されていて、いよいよ3月のIPOラッシュが本格化してきた感じです。

フォーラムエンジニアリング

フォーラムエンジニアリング(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名フォーラムエンジニアリング
コード7088(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
上場日3月9日
仮条件決定日2月21日(1,310円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から2月27日まで
公開価格決定日2月28日(1,310円に決定)
申込期間3月2日から3月5日まで
公募0株
売出し9,673,600株
(国内:4,499,400株
海外:5,174,200株)
OA674,800株
吸収金額135.6億円(国内:67.8億円)
時価総額348.8億円
想定価格1,310円→公開価格:1,310円
初値価格1,030円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
フォーラムエンジニアリングIPO幹事のSBI証券

フォーラムエンジニアリングIPOの概要

フォーラムエンジニアリングIPOは、エンジニア・技術者の派遣・転職サイト「cognavi(コグナビ)派遣」と「cognavi(コグナビ)転職」を運営している企業です。

また、フォーラムエンジニアリングIPOは理工系学生向け就職サイト「cognavi(コグナビ)新卒」も運営しています。

フォーラムエンジニアリングIPOは吸収金額が想定価格ベースで135.6億円ですが、そのうちの67.8億円は海外への売出予定になっています。

東証1部に決まれば、気になるサイズではありませんが、公募株ゼロの売出株のみという点は気になりますね。

いずれにして、IPOラッシュ中の新規上場になるので、他の銘柄と比較検討しながら慎重に判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フォーラムエンジニアリングIPOのその他情報はこちら

フォーラムエンジニアリングIPOは、主幹事の野村證券と平幹事のみずほ証券とSBI証券の3社というコンパクトな幹事団になっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

フォーラムエンジニアリングIPOの初値予想

フォーラムエンジニアリングIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月21日以降)に追記させていただきます。

1,450円→1,231円 (公開価格比:-79円)

(※大手予想会社の初値予想:1,310円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社