力の源ホールディングス(3561)IPOは、本日(3月21日)東証マザーズ市場へ新規上場しましたが、予想をはるかに上回る気配のまま、初日値付かずで取引を終えています。

力の源ホールディングスIPOは、初日値付かずと予想していましたが、ここまで強いとは思いませんでした。まさに「一風堂」ブランド恐るべしといった印象です。

力の源ホールディングスIPOの気配値

力の源ホールディングスの気配値

(※画像クリックで拡大)

力の源ホールディングスIPOは上記の通り、気配上限値段1,380円において、買い注文1,373,300株に対し、売り注文205,500株という状況(約6.7倍の買い越し)で上場初日を終えています。

上場二日目となる明日(22日)は、即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)なので、買い注文の減少が予想されます。しかし、力の源ホールディングスIPOは約6.7倍もの買い越しだったので、買いスタート確定ですね。

力の源ホールディングスIPO上場二日目の初値予想

2,770円 (公開価格比:+2,170円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,100円~1,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,200円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版二日目:2,500円)

力の源ホールディングスIPO上場初日のフル板

力の源ホールディングスのフル板

(※画像クリックで拡大)

力の源ホールディングスIPOは、上記の通り合致点(始値予想)5,520円で張り付いたまま、上場初日を終えています。

同時上場したインターネットインフィニティーIPOもかなりの強さでしたが、力の源ホールディングスIPOも負けず劣らずの強さで驚きました。

もはや予想不可能な状況ですが、同じような強さだったシャノンIPOを参考に、それよりも若干強めの予想にしています。

ちなみに、私はカブドットコム証券kabuステーションを利用して、フル板の合致点(始値予想)を確認しています。

カブドットコム証券はIPOの委託幹事になることが多く、株主優待取りでも必須なので、使い勝手の良い証券会社です。


にほんブログ村

力の源ホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

力の源ホールディングスIPO初値決定前(二日目)の気配運用

力の源ホールディングスIPOの気配上限値段は、最終気配価格比(1,380円)約2.3倍の3,175円で、更新値幅は69円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、最終気配価格比(1,380円)0.75倍の1,035円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、345円以上5,520円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング