デファクトスタンダード(3545)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の16日(火)から始まります。

デファクトスタンダードIPOは、大江戸温泉リート投資法人IPOとの同時上場ですが、現在承認されているIPOの中では、一番期待出来そうな銘柄ですね。

デファクトスタンダード

デファクトスタンダード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名デファクトスタンダード
コード3545
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
エース証券
藍澤證券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券
上場日8月31日
仮条件決定日8月12日(1,500円~1,630円に決定)
ブックビルディング期間8月16日から8月22日まで
公開価格決定日8月23日(1,630円に決定)
申込期間8月24日から8月29日まで
公募1,100,000株
売出し0株
OA165,000株
吸収金額20.6億円
想定価格1,630円

デファクトスタンダードIPOの事業内容

デファクトスタンダードは、ネットに特化した買取サイト「ブランディア」を運営している企業です。「ブランディア」は頻繁にCMが流れているので、知名度は抜群ですね。


利用者数【150万人】突破!!宅配買取ブランディア

また、デファクトスタンダードはサイトを通じたブランド、時計、アパレル、アクセサリー等の販売や、ECサイトの運営代行なども行っています。

デファクトスタンダードIPOの業績

デファクトスタンダードの業績

(※画像クリックで拡大)

デファクトスタンダードIPOの業績は、綺麗な右肩上がりで好調そうです。

デファクトスタンダードのIPO評価

デファクトスタンダードIPOは、運営サイト「ブランディア」が知名度抜群なので、かなり注目されそうです。また、デファクトスタンダードIPOは、約1ヶ月ぶりのIPOというのもプラス要素です。

ただし、デファクトスタンダードIPOは、やや規模が大きめ(吸収金額20.6億円)なので、その点では旨味に欠けます。

また、デファクトスタンダードIPOは、大江戸温泉リート投資法人IPOとの同時上場なので、資金の分散が懸念されますね。しかし、久々の新規上場なので、それほど心配する必要はないと思います。

よって、デファクトスタンダードのIPO評価はBが妥当だと考えています。デファクトスタンダードIPOは、中規模だけに初値高騰とまではいかないかもしれませんが、確実に利益を得られる銘柄だと思います。


にほんブログ村

デファクトスタンダードIPOのその他情報はこちら

デファクトスタンダードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

デファクトスタンダードIPOは、当然ながら全力でBB(ブックビルディング)に申し込むつもりです。主幹事の大和証券はもとより、毎年何らかのIPOに当選しているSMBC日興証券にも期待しています。

デファクトスタンダードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
藍澤證券 口座なし
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


↑岩井コスモ証券の公式サイト↑


↑SBI証券の公式サイト↑

今秋には、JR九州IPOが新規上場する予定なので、承認されてから慌てないように、まだ持っていない証券会社の口座を開設しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ