デファクトスタンダード(3545)IPOの仮条件が決定しました。デファクトスタンダードIPOは、ネットに特化したブランド品宅配買取サイト「ブランディア」を運営している企業なので、注目度が高そうですね。

大江戸温泉リート投資法人IPOと同時上場になってしまったのは残念ですが、それでもかなり期待出来そうな銘柄です。

デファクトスタンダード

デファクトスタンダードIPOの関連記事

デファクトスタンダードIPOのBBスタンスとIPO評価

デファクトスタンダードIPOの新規上場を承認

デファクトスタンダードIPOの仮条件

1,500円~1,630円

デファクトスタンダードIPOの仮条件は、想定価格1,630円を上限とした少し弱めの設定になっています。デファクトスタンダードIPOは、当初から注目されていたので、もっと強気の仮条件になると思っていました。

しかし、直近IPOのリファインバースも弱めな仮条件でしたが、上々の初値(公開価格1,700円に対して初値2,770円)が付いたので、あまり気にする必要はなさそうです。


↑管理人が毎年IPOに当選している日興証券↑

デファクトスタンダードIPOの初値予想

3,420円⇒3,000円 (想定価格比:+1,370円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,400円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,300円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,500円)

デファクトスタンダードは、「ブランディア」の運営会社という話題性と、約1ヶ月ぶりのIPOという点から、公開価格の2倍程度の初値が付くと予想しています。

吸収金額20.6億円という規模の大きさと、大江戸温泉リート投資法人IPOとの同時上場という点が懸念材料ですね。

しかし、デファクトスタンダードIPOは、それでも十分に高い初値が付くと思います。また、久々のIPOということで資金が集中すれば、予想以上に初値が跳ぶ可能性もありそうですね。


にほんブログ村

デファクトスタンダードIPOのその他初値予想はこちら

デファクトスタンダードIPOの幹事団

デファクトスタンダードIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SMBC日興証券
エース証券
藍澤証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券

デファクトスタンダードIPOで当選を目指すには、主幹事の大和証券は言うまでもなく、平幹事で一番期待出来そうなSMBC日興証券と、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券も必ず申し込むことをオススメします。

また、他の証券会社の結果を確認してから申し込めるIPO後期型の岩井コスモ証券も押さえておきたいところです。


↑岩井コスモ証券の公式サイト↑


↑SBI証券の公式サイト↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOで当選する秘訣は、出来るだけ多くの証券口座に申し込むことなので、新たな証券口座を開設してIPO後半戦に備えましょう。

IPOにオススメの証券会社