HANATOUR JAPAN(6561)IPOのBB(ブックビルディング)が、11月29日からスタートします。

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOは、人気化しそうなイオレIPOとの同時上場で規模(吸収金額75.7億円)も大きいため、資金分散の影響を受けそうです。

また、HANATOUR JAPANはIPOラッシュ真っ只中での上場なので、その点でもどこまで資金が回ってくるか微妙ですね。

HANATOUR JAPAN

HANATOUR JAPAN(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名HANATOUR JAPAN
コード6561
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
極東証券
岡三オンライン証券
マネックス証券
上場日12月15日
仮条件決定日11月27日(1,900円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間11月29日から12月5日まで
公開価格決定日12月6日(2,000円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募1,000,000株
売出し1,550,000株
OA382,500株
吸収金額75.7億円
想定価格2,580円
初値価格2,200円

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOの事業内容

HANATOUR JAPANは、訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業や、貸切バス・免税販売店・ホテル等施設の運営事業などを展開しています。

また、HANATOUR JAPANは韓国の大手旅行会社HANATOUR SERVICEが親会社なので、取扱旅行客の約8割を韓国が占めています。

ちなみに、HANATOUR SERVICEは韓国取引所及びロンドン証券取引所に上場していて、韓国国内において旅行業を展開しており、HANATOUR JAPANと業務提携契約を結んでいます。

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOの業績

HANATOUR JAPANの業績

(※画像クリックで拡大)

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOの業績は好調に推移していて、2017年12月期の業績も増収増益の見通しになっています。

HANATOUR JAPANのIPO評価

HANATOUR JAPANは、吸収金額が想定価格ベースで75.7億円と大きく、同時上場のイオレIPOに人気も集中しそうなので、かなり厳しそうな雰囲気です。

ただ、インバウンド事業は東京オリンピックに向けて需要の拡大が見込めるため、ある程度の関心を集める可能性はあります。

よって、HANATOUR JAPANのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。HANATOUR JAPAN(6551)IPOは、マザーズにしては規模(吸収金額75.7億円)が大きく、IPOラッシュ中という日程も考慮すると、公開価格割れのリスクもあるため、無理して参加する必要はないと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HANATOUR JAPAN(6551)IPOのその他情報はこちら

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。

ただ、SBI証券だけは、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込みます。

HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB不参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB不参加
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ