ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月26日から開始されます。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOは、マザーズ市場への単独上場で、さほど規模(吸収金額11.8億円)も大きくないため、人気化しそうですね。

また、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOは、どちらかと言えば小型なのに、大和証券SMBC日興証券共同主幹事を務めている点でも注目です。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス
コード6575
主幹事証券大和証券
SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
東海東京証券
東洋証券
岡三オンライン証券
上場日4月10日
仮条件決定日3月22日(1,040円~1,170円に決定)
ブックビルディング期間3月26日から3月30日まで
公開価格決定日4月2日(1,170円に決定)
申込期間4月3日から4月6日まで
公募214,000株
売出し770,000株
OA147,600株
吸収金額11.8億円
時価総額30.7億円
想定価格1,040円→公開価格:1,170円
初値価格3,600円

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの事業内容

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスグループは、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス及び連結子会社4社で構成されいて、転職希望者がより活躍できる機会を提供するための「人材紹介事業」と、全ての従業員がより健全な心身で仕事ができるための「メンタルヘルスケア事業」を主な事業として展開しています。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスの概要

人材紹介事業では、経営層やシニアマネジメント層及び上級専門職に特化している「AIMSインターナショナルジャパン」、30歳代~40歳代を中心としたビジネスパーソンであるミドルマネジメント層に注力している「A・ヒューマン」、バイリンガル人材に特化した「Optia Partners」を運営しています。

メンタルヘルスケア事業では、連結子会社であるヒューマン・フロンティアがメンタルヘルス対策を一次予防(不調者発生予防)、二次予防(早期発見・早期対応)、三次予防(復職後の再発防止)と定義し、ワンストップサービスとして展開しています。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの業績

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの業績は好調に推移していて、今後の成長も期待できそうです。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスのIPO評価

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスは、手ごろな価格(想定価格1,040円)で規模(吸収金額11.8億円)もそれほど大きくないため、需給面だけでも人気化すると思います。

また、人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業は、働き方改革という国策とマッチしたテーマ性で関心を集めそうです。

よって、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が少し気になりますが、それでも公開価格の2倍を超える高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOのその他情報はこちら

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。

主幹事証券の大和証券SMBC日興証券を中心に、SBI証券岡三オンライン証券などの平幹事にももれなく申し込んで、少しでも当選のチャンスをアップさせたいと考えています。

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券(主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ