日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)IPOの新規上場が承認されました。日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOは、3月29日に東証インフラファンド市場へ新規上場する予定です。

東証インフラファンド市場への新規上場は、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人で三銘柄目になります。

しかし、怒涛のIPOラッシュ中で、なおかつ超大型なスシローグローバルホールディングスIPOの前日に新規上場というのは、タイミングが悪いですね。

※インフラファンドIPOは、通常のIPOとは異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
コード9283
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
岡三証券
東海東京証券
SBI証券
上場日3月29日
仮条件決定日3月10日(93,000円~95,000円に決定)
ブックビルディング期間3月13日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(93,000円に決定!)
申込期間3月21日から3月24日まで
公募39,140口
売出し0口
OA2,060口
吸収金額41.2億円
想定価格100,000円
初値価格89,200円

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOの概要

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、リニューアブル・ジャパン株式会社の100%子会社であるアールジェイ・インベストメント株式会社が設立した投資法人です。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、「枯渇の心配がなく」「どこにでも存在しうる」「CO2をほとんど排出しないクリーンエネルギー」等の特質を有する再生可能エネルギーを利用した再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象としています。

太陽光発電は、ブームが過ぎ去った感があり、上場のタイミングもあまり良くないことから、慎重に判断する必要がありそうです。


にほんブログ村

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOで主幹事を務めるSMBC日興証券は、通常のIPOだけでなく、REIT(リート)IPOやインフラIPOにもネットから申し込めるので、IPOに必須の証券会社です。


SMBC日興証券

また、SBI証券が幹事団入りしているので、IPOチャレンジポイント狙いで申し込むのも良いかもしれません。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOの初値予想

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(3月10日以降)に追記させていただきます。

93,000円⇒89,187円 (公開価格比:-3,813円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング