投資法人みらい(3476)IPOの仮条件が発表されました。本日(12月1日)新規上場したいちごグリーンインフラ投資法人IPOは、公開価格100,000円に対して初値96,100円という残念な結果に終わりました。

単純には比較出来ませんが、REIT(リート)IPOとインフラIPOは似たところがあるので、投資法人みらいIPOも厳しそうな気配を感じます。

投資法人みらい

投資法人みらいの関連記事

投資法人みらいIPOのBBスタンスとIPO評価

投資法人みらいIPOの新規上場を承認

投資法人みらいの仮条件

183,000~185,000円

投資法人みらいIPOの仮条件は、想定価格(200,000円)を大きく下回る設定になっています。投資法人みらいIPOは、もともと微妙な印象だったので、ここまで弱気な仮条件になると、さすがに腰が引けますね。


ネットからリートIPOに申し込めるSMBC日興証券

投資法人みらいIPOの初値予想

183,000円⇒180,000円 (公開価格比:-3,000円)

投資法人みらいIPOの初値は、公開価格が仮条件の上限(185,000円)で決まったとしても、やや公開価格を割れると予想しています。

IPOの地合いは好調ですが、今年のREIT(リート)IPOは全般的に芳しくなく、いちごグリーンインフラ投資法人IPOも公開価格を割れたことから、かなり厳しい新規上場になりそうです。


にほんブログ村

投資法人みらいIPOのその他初値予想はこちら

投資法人みらいIPOの幹事団

投資法人みらいIPOの幹事団
主幹事証券 野村証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
カブドットコム証券

私は、投資法人みらいIPOのBB(ブックビルディング)を見送りますが、もしネットから申し込むなら、SMBC日興証券カブドットコム証券の二択になります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社