SERIOホールディングス(6567)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(2月14日)から始まります。SERIOホールディングスは3月一発目のIPOなので、かなり注目されると思います。

また、SERIOホールディングスIPOは直近の神戸天然物化学IPOと約2週間程度空いているため、スケジュール的にも問題ないので、地合いさえ好転すれば期待度も高まりそうです。

SERIOホールディングス

SERIOホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名SERIOホールディングス
コード6567
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
エース証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月2日
仮条件決定日2月13日(1,700円~1,780円に決定)
ブックビルディング期間2月14日から2月20日まで
公開価格決定日2月21日
申込期間2月22日から2月27日まで
公募700,000株
売出し20,000株
OA108,000株
吸収金額14.7億円
時価総額53.4億円
想定価格1,780円
初値価格初値決定後に追記

SERIOホールディングスIPOの事業内容

SERIOホールディングスは、子育て中の既婚女性の就労をサポートする就労支援事業をはじめ、小学生の放課後事業、そして保育事業という3つの事業を展開しています。

就労支援事業では、新たに人材派遣事業ブランド「sacaso(サカソ)」を立ち上げ、時短勤務や週2・3日のお仕事など、無理なく働くことができるワークスタイルを提案しています。

放課後事業では、自治体や私立小学校から各種放課後施設の運営を受託しており、様々な学びや遊びを通して子ども達の健やかな成長を支援しています。

保育事業では、自治体からの認可を得て認可保育園と小規模認可保育園を運営しています。また、自治体からの委託等を受けて、地域子育て支援拠点等事業の運営も行っています。

SERIOホールディングスIPOの業績

SERIOホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

SERIOホールディングスIPOの売上高は右肩上がりで推移していて、利益も順調に伸びているようです。

SERIOホールディングスのIPO評価

SERIOホールディングスは、マザーズへの単独上場でそれほど規模(吸収金額14.7億円)も大きくないため、需給面は良好だと思います。また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点もプラス要素です。

さらに、SERIOホールディングスの事業内容は、国策にマッチした子育て支援というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、SERIOホールディングスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。SERIOホールディングスIPOは、もう少し規模が小さければベストでしたが、それでも公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SERIOホールディングスIPOのその他情報はこちら

SERIOホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SERIOホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事の野村證券を中心に、IPO幹事常連組のSMBC日興証券SBI証券など、ネットから申し込める証券会社全てに申込んで当選を目指したいと思います。

SERIOホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ