シャノン(3976)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(11日)からスタートしました。いよいよ2017年のIPOが始まりましたね。

シャノンIPOは、「年初め1発目のIPOは初値が跳ぶ」というアノマリー通り、初値高騰が期待出来そうです。また、にほんブログ村でも概ね評価が高そうなので楽しみですね。

シャノン

シャノンIPOの関連記事

シャノンIPOのBBスタンスとIPO評価

シャノンIPO主幹事の東洋証券がネット口座での取扱いを決定!

シャノンIPOの新規上場を承認

シャノンIPOの仮条件

1,300円~1,500円

シャノンIPOの仮条件は、想定価格の1,400円を中間に挟んだノーマル設定になっています。ちなみに、公開価格が仮条件の上限(1,500円)で決まった場合、吸収金額は2.4億円から2.6億円にアップしますが、それでも極めて小さいので全く問題ないですね。


シャノンIPO主幹事の東洋証券

シャノンIPOの初値予想

4,350円 (想定価格比:+2,950円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,500円)

シャノンIPOの初値は、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

シャノンIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(273,900株)が少し気になりますが、それでも規模が小さいため、ロックアップが解除される公開価格の1.5倍は、軽くクリア出来そうです。

また、シャノンは2017年のIPO第一弾なので、ご祝儀的な面も考慮して、やや強めの予想にしています。


にほんブログ村

シャノンIPOのその他初値予想はこちら

シャノンIPOの幹事団

シャノンIPOの幹事団
主幹事証券 東洋証券
幹事証券 SBI証券
マネックス証券
みずほ証券
エース証券
極東証券


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

シャノンIPOは、当選枚数が極少なので、東洋証券で当選出来ないと厳しそうです。また、平幹事の中では、マネックス証券が若干抽選配分数が多そうなので、秘かに期待しています。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社