ソラスト(6197)IPOの仮条件が発表されました。ソラストIPOは、コメダホールディングスIPOとの同時上場(29日)なので、資金分散は避けられず需給面で不安を感じます。

また、ソラストはかつて「日本医療事務センター」という商号で、東証2部に上場していたことがあり、実質的な再上場案件という点も懸念材料ですね。

ソラスト

ソラストIPOの基本情報

ソラストIPOのBBスタンスとIPO評価

ソラストIPOの新規上場を承認

ソラストIPOの仮条件

1,270円~1,400円

ソラストIPOの仮条件は、想定価格1,270円を下限とした設定になっています。ソラストIPOは当初の評価があまり高くなかったにもかかわらず、強気の仮条件になったので少し驚きです。

ソラストIPOの初値予想

1,270円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,270円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,400円~1,550円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,300円~1,400円)

ソラストIPOは、吸収金額143.6億円(想定価格ベース)とコメダホールディングスIPOの倍以上の規模なのに、注目度ではコメダホールディングスIPOの方がはるかに上回っているため、かなり厳しそうな印象です。

また、ソラストIPOは公募株ゼロで売出株のみという点もマイナス要因です。

よって、ソラストIPOは、公開価格付近で初値形成すると予想しています。ソラストIPOは、公開価格割れの可能性もあるため、積極的に申し込む必要はないと考えています。


にほんブログ村

ソラストIPOのその他初値予想はこちら

ソラストIPOの幹事団

ソラストIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 野村証券
みずほ証券
大和証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券

ソラストIPOで当選を目指すには、主幹事のSMBC日興証券は外せないですね。ソラストIPOは規模が大きい分、当選枚数も多いため、主幹事から申し込めば当選確率は格段にアップすると思います。⇒(SMBC日興証券の紹介と口座開設

また、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券は必ず申し込みたいところです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

↓LINE(ライン)IPOでも幹事を務めるSMBC日興証券↓


IPO・新規公開株 ブログランキングへ