安江工務店(1439)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(1月25日)から開始されています。

安江工務店IPOは、規模(吸収金額6.4億円)が小さいこと以外に魅力を感じません。ただ、小型で想定価格も手頃なので、公開価格を上回る可能性は高そうです。

安江工務店

安江工務店IPOの関連記事

安江工務店IPOの初値予想

安江工務店IPOのBBスタンスとIPO評価

安江工務店IPOは、良くてもお小遣い程度の利益しか得られそうにありませんが、私はほぼ全力で申し込むつもりです。

今年一発目のIPOだったシャノン(3976)は全滅してしまったので、期待値は低くても、安江工務店で今年のIPO初当選を目指したいと思います。


にほんブログ村

安江工務店IPOのその他情報はこちら

安江工務店IPOの配分数(割当数)

安江工務店IPOのBB(ブックビルディング)は1月31日までなので、参加される方は、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、忘れずに申し込んで下さい。

安江工務店IPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
東海東京証券 (主幹事) 436,300株 89% A
SBI証券 14,700株 3% B
みずほ証券 9,800株 2%
SMBC日興証券 98,00株 2%
藍澤證券 9,800株 2%
安藤証券 4,900株 1%
エース証券 4,900株 1%
合計 490,200株 100%


安江工務店IPO幹事のSBI証券

安江工務店IPOでは、主幹事の東海東京証券が配分数(割当数)の89%を占めているので、ここで当選出来ないとかなり厳しいです。

ただ、SBI証券は平幹事の中で配分数(割当数)が多めで、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込んでおきましょう。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

余裕があれば、SMBC日興証券みずほ証券にも、微かな望みを託したいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社