ANYCOLOR(5032)IPOのBB(ブックビルディング)が翌週の5月24日から開始されます。

ANYCOLORはVTuber/バーチャルライバープロジェクト「にじさんじプロジェクト」を運営しているエンタメ系のスタートアップ企業です。

ANYCOLORは6月最初のIPOで、その後のIPOとも間隔が空いているため、日程には恵まれていますね。

ANYCOLOR

ANYCOLOR(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ANYCOLOR
コード5032(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
松井証券
マネックス証券
auカブコム証券
上場日6月8日
仮条件決定日5月23日(1,490円~1,530円に決定)
ブックビルディング期間5月24日から5月30日
公開価格決定日5月31日(1,530円に決定)
申込期間6月1日から6月6日まで
公募50,000株
売出し1,114,000株→1,515,500株
(国内:1,354,300株
海外:161,200株)
OA174,600株→234,800株
吸収金額19.9億円→26.8億円
(国内:24.4億円
海外:2.4億円)
時価総額446.9億円
想定価格1,490円→公開価格:1,530円
初値価格4,810円

マネックス証券

ANYCOLOR(5032)IPOの事業内容

ANYCOLORが運営している「にじさんじプロジェクト」には約150名の多種多様なVTuberが所属しており、ライブストリーミングによる双方向性のコミュニケーションを通じて、ファンコミュニティの構築を図っています。

ちなみに、VTuberとはVirtual YouTuberの略称であり、ライバーと呼ばれる現実の人間をモーションキャプチャー技術によってバーチャルキャラクター(アニメキャラクター)に置き換えたものです。

にじさんじ

にじさんじプロジェクト」では、YouTubeにおいて動画配信を行うライブストリーミング領域、VTuberグッズ等のコンテンツ販売・イベント開催を行うコマース領域、自社所属VTuberに関するIP(Intellectual Property:知的財産)を用いて顧客企業の商品やサービスのプロモーションを行うプロモーション領域でビジネスを展開しています。

にじさんじの事業領域

(※画像クリックで拡大)

また、ANYCOLORは英語圏及び中国を中心に海外でもVTuberビジネスとして、YouTubeを中心とした動画配信、コンテンツ販売、イベント、企業案件といった展開を行っています。

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大に係る採用費及び人件費に充当

ANYCOLOR(5032)IPOの業績

ANYCOLORの業績

(※画像クリックで拡大)

ANYCOLOR(5032)IPOの業績は急激に伸びていて好調そうです。

ANYCOLORのIPO評価

ANYCOLORはそれなりの規模(吸収金額19.9億円)ですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されています。

ただ、ANYCOLORは大半が売出株(1,114,000株)というのがやや気になります。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株には価格による解除条項なしで上場後180日間のロックアップが掛かっています。

さらに、ANYCOLORはVTuber(バーチャルYouTuber)という独自性のある事業内容でも注目されると思います。

よって、ANYCOLORのIPO評価はAが妥当だと考えています。ANYCOLOR(5032)IPOは公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ANYCOLOR(5032)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ANYCOLOR(5032)IPOのBB(ブックビルディング)は当然ながら全力で臨む予定です。共同主幹事の大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券をはじめ、マネックス証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

ANYCOLOR(5032)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング