アセンテック(3565)IPOのBB(ブックビルディング)が、4月7日から開始されます。アセンテックは、4月最後のIPOなので、日に日に注目度がアップしているようです。

また、アセンテックIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使うか悩みどころですね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

アセンテック

アセンテック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アセンテック
コード3565
主幹事証券SBI証券
幹事証券みずほ証券
ニュース証券
極東証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券
東洋証券
上場日4月25日
仮条件決定日4月5日(1,840円~2,000円に決定!)
ブックビルディング期間4月7日から4月13日まで
公開価格決定日4月14日(2,000円に決定)
申込期間4月18日から4月21日まで
公募120,000株
売出し290,000株
OA41,000株
吸収金額7.8億円
想定価格1,720円
初値価格初値決定後に追記


アセンテックIPO主幹事のSBI証券

アセンテックIPOの事業内容

アセンテックは、情報セキュリティ対策として、セキュリティソリューションのひとつである仮想デスクトップソリューションを中心に事業を展開しています。

仮想デスクトップを利用することにより、端末側にデータが保存されないため、端末の紛失や盗難が生じた場合にも、データ流出のリスクが低減されます。

また、アセンテックは仮想デスクトップシステムを提供するうえで、メーカーの技術認定試験に合格した専門のエンジニアが、コンサルティングから保守・運用までの一貫したサービスを提供しています。

さらに、アセンテックはユーザーがハードウェアやソフトウェアを購入することなく、月額で利用できるクラウド型のサービスも展開しています。

アセンテックIPOの業績

アセンテックの業績

(※画像クリックで拡大)

アセンテックIPOの売上高は、やや頭打ちといった感じで、利益もバラついています。ただ、今期は良さそうですね。

アセンテックのIPO評価

アセンテックは、直近のIPOから一週間空けての単独上場で、規模(吸収金額7.8億円)も小さいため、かなりの人気を集めそうです。

また、アセンテックの業績はイマイチですが、セキュリティ関連ということで一定の評価を得られそうです。

よって、アセンテックのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アセンテックIPOの初値は、その時の地合いにもよりますが、公開価格の2倍以上は狙えると予想しています。


にほんブログ村

アセンテックIPOのその他情報はこちら

アセンテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アセンテックIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込みます。ただ、主幹事のSBI証券でIPOチャレンジポイントを使うかは検討中です。

アセンテックIPOは、ネットから申し込める幹事証券が少ないので、みずほ証券岩井コスモ証券にも必ず申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいと思います。

アセンテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
ニュース証券 口座なし
極東証券 口座なし
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
SMBCフレンド証券 ネットでの取扱いなし
東洋証券 ネットでの取扱いなし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社