「アセンテック」タグの記事一覧

アセンテックの立会外分売は不参加!逃げ場はあったが厳しい展開

立会外分売
アセンテック

本日(4月21日)、アセンテック(3565)の立会外分売が実施されました。ちなみに、アセンテックの立会外分売価格は前日終値の3,265円から3%割り引いた3,167円でした。

アセンテック2020年初の立会外分売情報と参加スタンス!

立会外分売
アセンテック

アセンテック(3565)の立会外分売が発表されています。アセンテックは、3月に新型コロナウイルスの影響による地合いの悪化によって立会外分売を中止しているので、仕切り直しての立会外分売になります。

アセンテック今年二度目の立会外分売情報と参加スタンス!

立会外分売
アセンテック

アセンテック(3565)の立会外分売が発表されています。アセンテックは4月にも立会外分売を実施しているで、今年二度目の立会外分売になります。ちなみに、前回の立会外分売は終日にわたって分売価格前後で推移するという微妙な展開でした。

アセンテックの立会外分売情報と参加スタンス!

立会外分売
アセンテック

アセンテック(3565)の立会外分売が発表されています。アセンテックは、2017年の4月にIPO新規上場した銘柄なので、覚えている方も多いと思います。ちなみに、アセンテックは初日値付かずで、二日目の即金規制で初値形成するという非常に優秀なIPOでした。

アセンテックIPOは5,950円で初値形成!ポイント単価は?

IPO情報
アセンテック

アセンテック(3565)IPOは、初日値付かずで即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)になっていましたが、本日5,950円で初値形成しました。二日目の初値は、6,000円前後と予想されていたので、ほぼ予想通りの結果ですね。

アセンテックIPO上場二日目の初値予想!即金規制入り!

IPO初値予想
アセンテック

アセンテック(3565)IPOは、本日(4月25日)東証マザーズ市場へ新規上場しましたが、地政学リスクが後退したこともあって、初日値付かずで取引を終えました。アセンテックIPOは、当初から初日値付かずの可能性が高かったので、ほぼ予想通りの結果だと思います。

アセンテックIPO上場直前の初値予想!初日値付かず確定!?

IPO初値予想
アセンテック

アセンテック(3565)IPOが、明日(4月25日)東証マザーズ市場へ新規上場します。アセンテックIPOは規模が小さくて日程にも恵まれているので、人気化必至の銘柄です。ただ、上場日が北朝鮮のXデーと重なっているのは気掛かりです。

アセンテックIPOの配分数とポイント当選ラインの検証!

IPO情報
アセンテック

アセンテック(3565)IPOの抽選は、後期型の岩井コスモ証券を除いて終了していますが、幹事証券ごとの配分数(割当数)に照らし合わせて、IPOチャレンジポイントの当選ラインと配分数を検証してみました。

アセンテックIPOの抽選結果!ポイント当選ラインはインフレ化?

IPO抽選結果
アセンテック

アセンテック(3565)IPOの抽選結果と公開価格が発表されました。アセンテックIPOの公開価格は、もちろん仮条件(1,840円~2,000円)の上限に当たる2,000円で決まっています。そして、私のアセンテックIPOの抽選結果は以下の通りです。

アセンテックIPOの初値予想!仮条件は強気!

IPO初値予想
アセンテック

アセンテック(3565)IPOは、旅工房IPOから一週間空けての単独上場で、今のところ5月以降のIPOも新規承認されていないことから、かなり注目されそうです。アセンテックIPOの仮条件は、想定価格を上回る強気な設定になっています。

アセンテックのIPOチャレンジポイント当選ライン予測!

IPO情報
アセンテック

アセンテック(3565)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(4月7日)から始まっています。そこで、昨年から今年までSBI証券が主幹事を務めたIPO銘柄のIPOチャレンジポイントの実績をまとめてみました。

アセンテックIPOのBBスタンスとIPO評価!セキュリティ関連IPO!

IPO情報
アセンテック

アセンテック(3565)IPOのBB(ブックビルディング)が、4月7日から開始されます。アセンテックは、直近のIPOから一週間空けての単独上場で、規模(吸収金額7.8億円)も小さいため、かなりの人気を集めそうです。

アセンテックIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事!

IPO新規上場承認
アセンテック

アセンテック(3565)IPOの新規上場が承認されました。アセンテックIPOは、4月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。アセンテックIPOの主幹事はSBI証券なので、今回もIPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数について、話題になりそうですね。

ページの先頭へ