アストロスケールホールディングス(186A)IPOの新規上場が承認されました。アストロスケールホールディングスIPOは6月5日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、アストロスケールホールディングスIPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券みずほ証券が共同で務めることになっています。

6月のIPOが早くも新規承認されました。6月は何社ぐらいのIPOが新規上場するか楽しみですね。

アストロスケールホールディングスIPOの新規上場を承認

アストロスケールホールディングス(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名アストロスケールホールディングス
コード186A(サービス業)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
SMBC日興証券
楽天証券
東海東京証券
岡三証券
水戸証券
松井証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
あかつき証券
東洋証券
アイザワ証券
auカブコム証券
岡三オンライン
上場日6月5日
仮条件決定日5月20日(750円~850円に決定)
ブックビルディング期間5月20日から5月24日
公開価格決定日5月27日(850円に決定)
申込期間5月28日から5月31日まで
公募200,833,300株→22,169,200株
(国内:13,888,900株→12,486,200株
海外:6,944,400株8,280,300株→9,683,000株)
売出し2,760,000株
OA3,124,900株
吸収金額192.4億円→202億円
(国内:142.4億円→132.3億円
海外:50億円59.6億円→69.7億円)
時価総額804.2億円→813.8億円
想定価格720円→公開価格:850円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
アストロスケールホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

アストロスケールホールディングスIPOの概要

アストロスケールホールディングスIPOは安全で持続可能な宇宙環境と宇宙機の安全航行の確保を目指し、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を含む軌道上サービスを提供します。

また、アストロスケールホールディングスIPOは衛星の寿命延長故障機や物体の観測・点検なども行っています。

アストロスケールホールディングスIPOは大型(吸収金額192.4億円)ですが、海外への販売(50億円)や親引け(45億円)も予定されているため、規模は半分程度まで縮小される可能性があります。

また、業績は大幅な連続赤字ですが、宇宙ビジネスへの期待度は高いため、それでも注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アストロスケールホールディングスIPOの幹事団は共同主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券みずほ証券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの15社で構成されています。

マネックス証券
アストロスケールホールディングスIPO幹事のマネックス証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンラインも委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

アストロスケールホールディングスIPOの初値予想

アストロスケールホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(5月20日以降)に追記させていただきます。

1,530円 (想定価格比:+810円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社