日宣(6543)の立会外分売が発表されています。日宣は、日本最大のケーブルテレビ番組情報誌「チャンネルガイド」の企画・開発・発行や、クライアントのDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するデジタルソリューション事業などを行っている企業です。

ちなみに、日宣は2017年7月以来久しぶりの立会外分売になります。

日宣

日宣(6543)の立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
日宣
(JQ・6543)
1/26~1/28 20,000株 600株

(※2021年1月24日現在)

日宣の立会外分売目的は、「株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため」となっています。

日宣は流動性が非常に乏しいですが、分売株数(20,000株)も非常に少ないため、それでも何とかなりそうなので、今のところ前向きに参加するつもりです。

そもそもこの分売株数では、全力で申し込んでも当選するのはかなり難しそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいため、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、SBIネオトレード証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング