Chatwork(4448)IPOの新規上場が承認されました。ChatworkのIPOは、9月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ChatworkのIPO主幹事は大和証券が務めることになっています。9月のIPOはこれで3銘柄になりましたが、まだ物足りないので、あといくつか新規承認されてほしいですね。

Chatwork

Chatwork(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Chatwork
コード4448
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月3日(1,440円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間9月5日から9月11日まで
公開価格決定日9月12日(1,600円に決定)
申込期間9月13日から9月19日まで
公募600,000株
売出し7,900,000株
OA1,275,000株
吸収金額156.9億円
時価総額587.4億円
想定価格1,605円→公開価格:1,600円
初値価格初値決定後に追記


Chatwork(4448)IPO幹事のマネックス証券

ChatworkのIPO概要

Chatwork(4448)IPOは、ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発・運営や、ESET(イーセット)セキュリティソフトの販売を行っています。

Chatworkは、業務の効率化と会社の成長を目的としたメール・電話・会議に代わるビジネスコミュニケーションツールで、これまで229,000社(2019年7月末日時点)に導入されています。

また、Chatworkの有料プランについては、時流にマッチしたサブスクリプション型(定額利用料金)課金モデルになっています。

Chatwork(4448)IPOは規模(吸収金額156.9億円)が大きく、売出株やVC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さも気になります。

しかし、Chatwork(4448)IPOは働き方改革というテーマ性や、サブスクリプション型課金モデルという点で関心を集めそうですね。

Chatwork(4448)IPOでオススメの幹事証券

マネックス証券は、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるため、初心者の方にもオススメの証券会社です。


マネックス証券のIPOルール


また、最近IPOに力を入れている楽天証券松井証券は、Chatwork(4448)IPOのような大型IPOで穴場になる可能性があるので要チェックです。


楽天証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Chatwork(4448)IPOのその他情報はこちら

Chatwork(4448)IPOの初値予想

Chatwork(4448)IPOの初値予想は、仮条件決定後(9月3日以降)に追記させていただきます。

1,760円 (想定価格比:+155円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,800円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,500円~1,700円)

(※大手予想会社の初値予想第四弾:1,480円~1,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社