クリアル(2998)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の4月13日から開始されます。クリアルは不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」などを運営しています。

クリアルはペットゴーとの同時上場になりますが、どちらも小型なのであまり気にする必要はなさそうです。

クリアル

クリアル(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名クリアル
コード2998(不動産業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
岡三証券
楽天証券
岩井コスモ証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
岡三オンライン
SBIネオトレード証券
SBIネオモバイル証券
上場日4月28日
仮条件決定日4月11日(850円~930円に決定)
ブックビルディング期間4月13日から4月19日
公開価格決定日4月20日(930円に決定)
申込期間4月21日から4月26日まで
公募743,000株
売出し259,000株
OA150,300株
吸収金額10.4億円
時価総額45.1億円
想定価格900円→公開価格:930円
初値価格1,600円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

クリアルIPOの事業内容

クリアルは、投資家が一口1万円から様々な不動産へ投資できる不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」を運営しています。

CREAL(クリアル)」は投資規模が小さいため世の中に必要な不動産であるにもかかわらず機関投資家等からの投資がされにくかった保育園、学校、地方創生関連等のESG不動産のアセットに対して、クラウドファンディングにより個人投資家からの投資資金を送る導管としての役割を果たし、社会性と投資商品性の両立を図ることを目指しています。

CREALのESG不動産への取組み

(※画像クリックで拡大)

CREAL(クリアル)」は、不動産特定共同事業法のもとに運営されるクラウドファンディング運用資産残高調査第一位を3年連続獲得しており(※9)高い資金調達力を誇っています。

CREALの実績

(※画像クリックで拡大)

また、クリアルはITを活用し効率的に実物不動産に投資ができる個人投資家向けの資産運用サービス「CREAL Partners」も運営しています。

CREAL Partners」では、DXを通じて効率的で煩わしさのない資産形成方法を提案しています。

CREAL Partnersの概要

(※画像クリックで拡大)

さらに、クリアルは機関投資家・超富裕層向けの大型不動産への投資を通じた資産運用サービス「CREAL Pro」も提供しています。

CREAL Proの概要

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 金利負担軽減を目的として既存社債の償還資金
  2. 「CREAL」のGMV拡大のために、新規のクラウドファンディング案件の劣後出資資金

クリアルIPOの業績

クリアルの業績

(※画像クリックで拡大)

クリアルIPOの業績は概ね好調に推移しているようです。

クリアルのIPO評価

クリアルは個人投資家に人気のSBI証券が主幹事で規模(吸収金額10.4億円)も小さいため、需給面で注目されると思います。

また、クリアルは業績好調なクラウドファンディングサービスを提供していて、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、クリアルのIPO評価はBが妥当だと考えています。クリアルIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

クリアルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

クリアルIPOのBB(ブックビルディング)は全力で申し込むつもりです。主幹事のSBI証券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

クリアルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
大和証券 BB参加
岡三証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン BB参加
SBIネオトレード証券 BB参加
SBIネオモバイル証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング