モイ(5031)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の4月12日からスタートします。モイは若者に人気のライブ配信サービス「ツイキャス」を運営している企業です。

モイはストレージ王との同時上場になりますが、規模はどちらもさほど大きくないので、何とかなりそうですね。

モイ

モイ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名モイ
コード5031(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)極東証券
岩井コスモ証券
アイザワ証券
東洋証券
エイチ・エス証券
むさし証券
水戸証券
松井証券
SBIネオトレード証券
上場日4月27日
仮条件決定日4月8日(430円~470円に決定)
ブックビルディング期間4月12日から4月18日
公開価格決定日4月19日(470円に決定)
申込期間4月20日から4月25日まで
公募1,041,800株
売出し1,320,000株
OA354,200株
吸収金額12.8億円
時価総額61.9億円
想定価格470円→公開価格:470円
初値価格902円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

モイIPOの事業内容

モイはユーザーがPC、スマートフォン、タブレット等からウェブブラウザや専用のアプリを使って、動画や静止画・音声をライブ配信することができる「ツイキャス」を運営しています。

ユーザーはライブ配信及びライブ配信の視聴を原則として無料で行うことができます。また、配信者はライブ収益機能を通して、ライブ配信を収益化することも可能です。

ツイキャス

(※画像クリックで拡大)

 「ツイキャス」は2010年のサービス開始以来、10代・20代前半の男女を中心にユーザーを獲得しており、2021年7月末時点の累積登録ユーザー数は3,360万に達しています。

モイが運営する「ツイキャス」の収益構造は、以下の3種類の売上から成り立っています。

ツイキャスの収益構造

(※画像クリックで拡大)

モイIPOの事業系統図

モイの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. システムの機能強化及び安定的な稼働のためのインフラ費用
  2. 認知拡大・ブランディングのための広告宣伝費用

モイIPOの業績

モイの業績

(※画像クリックで拡大)

モイIPOの業績は急激に伸びているので、今後に期待できそうですね。

モイのIPO評価

モイはストレージ王との同時上場ですが、手の出しやすい価格で規模(吸収金額12.8億円)もさほど大きくないので、それでも需給面は悪くありません。

ただ、モイはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いのは気になります。

また、モイが運営している「ツイキャス」は知名度が抜群で業績も伸びているため、事業面でも注目されると思います。

よって、モイのIPO評価はBが妥当だと考えています。モイIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

モイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

モイIPOのBB(ブックビルディング)は全力で臨む予定です。主幹事のSBI証券はもちろんのこと、岩井コスモ証券松井証券などの平幹事もなるべく多く申し込むつもりです。

モイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
極東証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
アイザワ証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
エイチ・エス証券 BB参加
むさし証券 BB参加
水戸証券 口座なし
松井証券 BB参加
SBIネオトレード証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング