サイバーセキュリティクラウド(4493)IPOの新規上場が承認されました。サイバーセキュリティクラウドIPOは、3月26日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、サイバーセキュリティクラウドIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

にほんブログ村などでは、IPOチャレンジポイントの当選ラインなどについて、様々な予想が飛び交いそうですね。

サイバーセキュリティクラウド

サイバーセキュリティクラウド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名サイバーセキュリティクラウド
コード4493(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
香川証券
楽天証券
上場日3月26日
仮条件決定日3月6日(4,240円~4,500円に決定)
ブックビルディング期間3月10日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(4,500円に決定)
申込期間3月18日から3月24日まで
公募70,000株
売出し0株
OA0株
吸収金額2.8億円
時価総額9.2億円
想定価格4,010円→公開価格:4,500円
初値価格9,210円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
サイバーセキュリティクラウドIPO主幹事のSBI証券

サイバーセキュリティクラウドIPOの概要

サイバーセキュリティクラウドIPOは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、WEBアプリケーションのセキュリティサービスを提供しています。

Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」は、導入社数・導入サイト数で国内No.1(「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年6月16日現在)<ESP総研 調べ>)を獲得しています。

また、サイバーセキュリティクラウドIPOはAIによる「AWS WAF」のルール(シグネチャ)自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」も提供しています。

サイバーセキュリティクラウドIPOは、売出株ゼロの公募株(70,000株)のみで、規模(2.8億円)も極めて小さいため、人気化必至の銘柄ですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイバーセキュリティクラウドIPOのその他情報はこちら

サイバーセキュリティクラウドIPOの幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、数多くのIPO銘柄を取り扱っているSMBC日興証券や、100%完全抽選の楽天証券などの10社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、SBIネオモバイル証券での取扱いも予定されているので要チェックです。(追記:残念ながら配分されないようです。)

SBIネオモバイル証券

サイバーセキュリティクラウドIPOの初値予想

サイバーセキュリティクラウドIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月6日以降)に追記させていただきます。

8,000円 (想定価格比:+3,990円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:7,000円~8,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,750円~7,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社