ヴィス(5071)IPOの新規上場が承認されました。ヴィスIPOは、3月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ヴィスIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。本日は、後ほどご紹介するアディッシュIPOも新規承認されており、3月のIPOもいよいよ大詰めといった感じですね。

ヴィス

ヴィス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヴィス
コード5071(建設業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
エース証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
auカブコム証券
上場日3月25日
仮条件決定日3月5日(820円~900円に決定)
ブックビルディング期間3月9日から3月13日まで
公開価格決定日3月16日(820円に決定)
申込期間3月17日から3月23日まで
公募1,300,000株
売出し650,000株
OA292,500株
吸収金額18.4億円
時価総額66.8億円
想定価格820円→公開価格:820円
初値価格754円


ヴィスIPO幹事のマネックス証券

ヴィスIPOの概要

ヴィスIPOは、空間・インテリア・ファニチャー・グラフィック・ロゴ・ウェブ・DTPなど、オフィスに存在する目に見えるもの全てのデザインをワンストップでソリューションするデザイナーズオフィス事業を行っている企業です。

ヴィスIPOは、日経ニューオフィス賞を20回以上受賞しており、一貫性のある洗練されたオフィスデザインを提供しています。

ヴィスIPOは、すでに新規承認されているドラフトIPOと似たような事業内容です。

今のところ単独上場できそうな点はプラス要素ですが、IPOラッシュ後半での新規上場になるので、買い疲れの影響などが少し気になりますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヴィスIPOのその他情報はこちら

ヴィスIPOの幹事団は、主幹事の大和証券を中心に、IPO幹事常連のSBI証券SMBC日興証券などの8社で構成されています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

auカブコム証券株式会社
au カブコム証券のIPOルール

ヴィスIPOの初値予想

ヴィスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月5日以降)に追記させていただきます。

1,100円→754円 (公開価格比:-66円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社