ペルセウスプロテオミクス(4882)IPOの新規上場が承認されました。ペルセウスプロテオミクスIPOは、3月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

※上場中止になりました!

また、ペルセウスプロテオミクスIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。ペルセウスプロテオミクスIPOは、先ほどご紹介したリバーホールディングスIPOとの同時上場になります。

ペルセウスプロテオミクス

ペルセウスプロテオミクス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ペルセウスプロテオミクス
コード4882(医薬品)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エース証券
いちよし証券
auカブコム証券
上場日3月24日上場中止
仮条件決定日3月3日(540円~600円に決定)
ブックビルディング期間3月5日から3月11日まで
公開価格決定日3月12日
申込期間3月13日から3月18日まで
公募2,970,000株→1,575,000株
売出し0株
OA445,500株→236,000株
吸収金額32.8億円
時価総額87.5億円→74.1億円
想定価格960円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード
ペルセウスプロテオミクス幹事のSMBC日興証券

ペルセウスプロテオミクスIPOの概要

ペルセウスプロテオミクスIPOは、東京大学先端科学技術研究センター・システム生物医学ラボラトリー(LSBM)で開発された蛋白質発現・抗体作製技術を基盤として、トランスクリプトーム解析により同定した診断・創薬標的に対応する抗体の医療への活用を目指して設立された創薬バイオベンチャーです。

ペルセウスプロテオミクスIPOは創業以来、医薬品シーズ抗体を創生する事で、がん及びその他疾患の治療用医薬品の研究開発、及び関連業務を行っています。

ペルセウスプロテオミクスIPOは赤字のバイオベンチャーで、規模(吸収金額32.8億円)もそれなりにあるため、他の銘柄と比較しながら慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ペルセウスプロテオミクスIPOのその他情報はこちら

ペルセウスプロテオミクスIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの6社で構成されています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団に名を連ねているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

auカブコム証券株式会社
au カブコム証券のIPOルール

ペルセウスプロテオミクスIPOの初値予想

ペルセウスプロテオミクスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月3日以降)に追記させていただきます。

560円 (想定価格比:-400円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:950円~1,050円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:600円~700円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社