バリオセキュア(4494)IPOの新規上場が承認されました。バリオセキュアIPOは、3月30日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、バリオセキュアIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。3月のIPOもいよいよ大詰めですね。

※上場中止になりました!

バリオセキュア

バリオセキュア(東証2部)のIPO基本情報

銘柄名バリオセキュア
コード4494(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
いちよし証券
みずほ証券
岡三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月30日(上場中止
仮条件決定日3月9日(1,600円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間3月11日から3月17日まで
公開価格決定日3月18日
申込期間3月19日から3月25日まで
公募0株
売出し2,720,400株→1,455,000株
OA408,000株→218,200株
吸収金額65.1億円→34.8億円
時価総額77.5億円
想定価格2,080円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード
バリオセキュアIPO幹事のSMBC日興証券

バリオセキュアIPOの概要

バリオセキュアIPOは、インターネットを利用する全ての企業を対象に、自社開発のネットワークセキュリティ機器と独自の監視システムを用いて、運用、監視、サポートに至るまで一貫したサービスを提供するマネージドセキュリティ事業を行っている企業です。

また、バリオセキュアIPOはセキュリティ機器販売事業として、中小企業の情報セキュリティに特化したオールインワンセキュリティ「VCR-Vario Communicate Router」の販売も行っています。

バリオセキュアIPOは、前身のバリオセキュア・ネットワークス株式会社が2006年に大阪証券取引所のヘラクレスに新規上場し、2009年に上場を廃止しているので、再上場案件になります。

また、バリオセキュアIPOは公募株ゼロの売出株のみという点も気になりますが、ITセキュリティ事業はIPOで根強い人気があるため、事業面で関心を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

バリオセキュアIPOのその他情報はこちら

バリオセキュアIPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、SMBC日興証券SBI証券など、IPOでお馴染みの証券会社が勢揃いしています。

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

バリオセキュアIPOの初値予想

バリオセキュアIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月9日以降)に追記させていただきます。

1,560円 (想定価格比:-520円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~1,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社