エフビー介護サービス(9220)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の3月22日から始まります。エフビー介護サービスは有料老人ホームの運営や福祉用具・介護用品のレンタル・販売などを行っています。

エフビー介護サービスは東証の市場再編後、スタンダード市場のIPO第一弾になりますね。

エフビー介護サービス

エフビー介護サービス(東証スタンダードIPO)のIPO基本情報

銘柄名エフビー介護サービス
コード9220(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
みずほ証券
八十二証券
いちよし証券
LINE証券
上場日4月7日
仮条件決定日3月18日(1,210円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間3月22日から3月28日
公開価格決定日3月29日(1,400円に決定)
申込期間3月30日から4月4日まで
公募350,000株
売出し550,000株
OA135,000株
吸収金額12.5億円
時価総額30.9億円
想定価格1,210円→公開価格:1,400円
初値価格1,561円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

エフビー介護サービスIPOの事業内容

エフビー介護サービスは「人生の最終ステージを利用者様の幸せと満足で元気にする」をミッションとし、福祉用具事業介護事業を展開しています。

福祉用具事業では、介護保険法に基づく福祉用具貸与・販売、居宅介護支援などを行っています。

介護事業では、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、デイサービス、訪問介護、訪問看護、介護保険外サービスなど、地域における介護サービスをワンストップで提供しています。

エフビー介護サービスの事業概況

(※画像クリックで拡大)

エフビー介護サービスは信越、北関東エリアにおいて、福祉用具、居宅介護支援、介護サービスのドミナント戦略による拠点展開をしています。

エフビー介護サービスの事業拠点所在地

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 新規開設する介護施設の建物及び構築物等
  2. 福祉用具営業所の新規開設に充当

エフビー介護サービスIPOの業績

エフビー介護サービスの業績

(※画像クリックで拡大)

エフビー介護サービスIPOの業績は概ね堅調に推移しているようです。

エフビー介護サービスのIPO評価

エフビー介護サービスはスタンダード市場へ新規上場する初めてのIPOで、規模(吸収金額12.5億円)も大きくないため、それなりに注目されそうです。

また、介護サービスはこれからの高齢化社会においてさらなる需要が見込めるため、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、エフビー介護サービスのIPO評価はCが妥当だと考えています。エフビー介護サービスIPOは公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エフビー介護サービスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エフビー介護サービスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加するつもりです。主幹事の野村證券だけでなく、SBI証券などの平幹事も申し込む予定です。

エフビー介護サービスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
八十二証券 口座なし
いちよし証券 BB参加
LINE証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング