ギックス(9219)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ギックスIPOは地合いが悪いため、やや評価も下がっている感じです。

IPOの地合いは依然として悪く、今は我慢の時といった感じなので、早く以前のような賑やかさが戻ってほしいですね。

ギックス

ギックスIPOの過去記事

ギックスIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

ギックスIPOのBBスタンスとIPO評価!データインフォームドIPO

ギックスIPOの初値予想!仮条件はやや弱気

ギックスIPOの配分数(割当数)

ギックスIPOの配分数(割当数)は、主幹事の野村證券90%を占めていますが、それでも当選枚数はあまり多くありません。

また、SBI証券は平幹事の中で抽選配分数が一番多そうなので、それなりに期待できそうです。

ギックスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 931,900株 90% 932枚 A
SBI証券 82,800株 8% 373枚 B
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 10,400株 1% 10枚
楽天証券 5,200株 0.5% 52枚 C
いちよし証券 5,200株 0.5% 1枚
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
LINE証券 ?株 ?% ?枚
合計 1,035,500株 100% 1,368枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

LINE証券
LINE証券はIPOの取扱いを開始!

ギックスIPOのBB(ブックビルディング)は本日(3月14日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング