ギックス(9219)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の3月14日から開始されます。ギックスはデータを用いて物事を理解・判断するデータインフォームド事業を行っています。

ギックスはAnyMind Groupとの同時上場になるので、地合いや資金分散の影響が気になりますね。

ギックス

ギックス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ギックス
コード9219(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
いちよし証券
auカブコム証券
LINE証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月11日(980円~1,070円に決定)
ブックビルディング期間3月14日から3月17日
公開価格決定日3月18日(1,070円に決定)
申込期間3月22日から3月25日まで
公募300,000株
売出し735,500株
OA155,300株
吸収金額12.7億円
時価総額58.8億円
想定価格1,070円→公開価格:1,070円
初値価格1,100円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ギックスIPOの事業内容

ギックスはデータインフォームド(DI)推進企業として、個別の企業・事業の状況に応じたデータを活用した判断の在り方を検討するDIコンサルティングと、その判断を継続的に行うために必要なデータ活用の仕組み(基盤)を構築・運用するDIプラットフォームを展開しています。

ギックスのDIコンサルティング・DIプラットフォーム

(※画像クリックで拡大)

また、ギックスはDIコンサルティング、DIプラットフォームの中で得られたノウハウや独自のツール群を活用し、ソフトウェア・サービスであるDIプロダクトを提供しています。

DIプロダクトとしては、特定の500m×500mのエリアにおける人口動態をリアルタイムで提供する「トチカチ」と、多くのテナント店舗を擁する商業施設での施設内回遊や、観光エリアの観光名所・飲食店などのエリア内回遊を促進するスタンプラリー提供サービス「マイグル」を運営しています。

ギックスIPOの事業系統図

ギックスの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 当社の技術を一新するような新たなコンテンツや新技術への研究開発費及び開発を行うための外注費等の運転資金
  2. 収益獲得の源泉である優秀なエンジニア人材の確保

ギックスIPOの業績

ギックスの業績

(※画像クリックで拡大)

ギックスIPOの売上は理想的な右肩上がりです。ただ、そのわりに利益が横ばいなのは少し気になりますね。

ギックスのIPO評価

ギックスは同時上場するAnyMind Group(吸収金額99.8億円)より規模(吸収金額12.7億円)が格段に小さいため、需給面ではリードしている感じです。

また、データインフォームドによるコンサルティングやプラットフォーム事業はIPO向きということで一定の評価を得られそうです。

よって、ギックスのIPO評価はBが妥当だと考えています。ギックスIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ギックスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ギックスIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ積極的に参加する予定です。主幹事の野村證券はもちろんのこと、楽天証券LINE証券などの平幹事も申し込むつもりです。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加
LINE証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング