フリー(4478)IPOの新規上場が承認されました。フリー(freee)IPOは、12月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、フリーIPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券が共同で務めることになっています。

フリーIPOは、以前からIPO候補として度々取り上げられていた銘柄なので、とうとう来たかといった感じですね。

フリー

フリー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フリー
コード4478
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
幹事証券(委託含む)メリルリンチ日本証券
SBI証券
野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
東洋証券
楽天証券
いちよし証券
エース証券
ちばぎん証券
東海東京証券
松井証券
丸三証券
水戸証券
カブドットコム証券
上場日12月17日
仮条件決定日12月2日
ブックビルディング期間12月3日から12月6日まで
公開価格決定日12月9日
申込期間12月10日から12月13日まで
公募5,435,200株
(国内:2,952,000株
海外:2,483,200株)
売出し12,041,100株
(国内:4,313,000株
海外:7,728,100株)
OA1,089,700株
吸収金額334.2億円
(国内:150.4億円
海外:183.8億円)
時価総額839.5億円
想定価格1,800円(想定仮条件1,660円~1,940円の平均価格)
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
フリーIPO幹事のSBI証券

フリー(freee)IPOの概要

フリー(freee)IPOは、中小企業の経理業務を効率化する「クラウド会計ソフトfreee」を運営している企業です。

また、フリー(freee)IPOは人事労務freee会社設立freee開業freeeマイナンバー管理freeeクラウド申告freeeなども運営しています。

フリー(freee)IPOは、大型(吸収金額334.2億円)の赤字ベンチャー企業という点で警戒されそうです。

ただ、クラウド会計ソフトfreeeの知名度は高く、IPO候補としても何度も名前が挙がっていたので、良くも悪くもかなり注目されると思います。

フリー(freee)IPOの幹事団は、大型だけあって主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券をはじめ、SBI証券楽天証券など、数多くの証券会社で構成されています。


楽天証券のIPOルール

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事なので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事になった場合、穴場になる可能性が高そうです。←正式に決定しました!


カブドットコム証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フリー(freee)IPOのその他情報はこちら

フリー(freee)IPOの初値予想

フリー(freee)IPOの初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社