テクノフレックス(3449)IPOの新規上場が承認されました。テクノフレックスIPOは、12月10日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、テクノフレックスIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。

テクノフレックスIPOは、すでに新規承認されているALiNKインターネットIPOSOSiLA物流リート投資法人IPOとの3社同時上場になります。

いつも思うことですが、少しでも日程をずらしてほしいですね。

テクノフレックス

テクノフレックス(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名テクノフレックス
コード3449
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
上場日12月10日
仮条件決定日11月22日
ブックビルディング期間11月25日から11月29日まで
公開価格決定日12月2日
申込期間12月3日から12月6日まで
公募200,000株
売出し2,150,000株
OA350,000株
吸収金額23.5億円
時価総額185.8億円
想定価格870円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
テクノフレックスIPO幹事のSMBC日興証券

テクノフレックスIPOの概要

テクノフレックスIPOは、社会生活に必要なガスや水道などを中心とした金属製管継手および周辺部材の製造・販売や、配管工事などを行っている企業です。

さらに、テクノフレックスIPOは金属製パイプを使用する介護ベットや車椅子等の介護用品のレンタルなどを行う介護事業も展開しています。

テクノフレックスIPOは東証2部の地味な銘柄ですが、このところバリュー株に資金が流れる傾向にあるので、意外と健闘するかもしれませんね。

テクノフレックスIPOの幹事団は、主幹事の大和証券を中心に、野村證券SMBC日興証券などの五大証券で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券も委託幹事入りする可能性がありそうですね。


カブドットコム証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テクノフレックスIPOのその他情報はこちら

テクノフレックスIPOの初値予想

テクノフレックスIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月22日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社