インティメート・マージャー(7072)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(10月2日)からスタートします。

インティメート・マージャーは、マザーズへの単独上場で規模も小さいため、かなりの人気を集めると思います。

また、インティメート・マージャーは直近のワシントンホテル浜木綿から約1週間空けての新規上場なので、日程にも恵まれている方ですね。

インティメート・マージャー

インティメート・マージャー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インティメート・マージャー
コード7072
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
香川証券
極東証券
岡三オンライン証券
DMM.com証券
ライブスター証券
楽天証券
上場日10月24日
仮条件決定日10月2日(1,700円~1,900円に決定)
ブックビルディング期間10月4日から10月10日まで
公開価格決定日10月11日(1,900円に決定)
申込期間10月15日から10月18日まで
公募260,000株
売出し0株
OA39,000株
吸収金額6.9億円
時価総額61.7億円
想定価格2,320円→公開価格:1,900円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

インティメート・マージャーIPOの事業内容

インティメート・マージャーは、PC、スマートフォン、タブレット等で利用されるWebブラウザから得られる情報によって構築されるIM-DMPを用いてデジタルマーケティング事業を展開しています。

インティメート・マージャーのIM-DMP

(※画像クリックで拡大)

また、インティメート・マージャーはIM-DMPを用いて、BtoB企業向けニーズ検知型の企業リスト生成サービス「Select DMP」と、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス「Performance DMP」も開発しています。

インティメート・マージャーの新規サービス開発

(※画像クリックで拡大)

さらに、インティメート・マージャーのIM-DMPは、デジタルマーケティング分野にとどまらず、Sales Tech市場、Fin Tech市場、HR Tech市場など、様々なX-Tech領域への導入が進んでいます。

インティメート・マージャーIPOの業績

インティメート・マージャーの業績

(※画像クリックで拡大)

インティメート・マージャーIPOの売上は右肩上がりで伸びていて、利益も概ね好調に推移しているようですね。

インティメート・マージャーのIPO評価

インティメート・マージャーは、吸収金額が想定価格ベースで6.9億円と小さく、当選枚数も少ないため、需給面だけでも人気化すると思います。

また、デジタルマーケティング事業はIPOで人気になりやすく、業績が好調に推移していることでも注目されそうです。

よって、インティメート・マージャーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。インティメート・マージャーIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が気になりますが、それでも初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インティメート・マージャーIPOのその他情報はこちら

インティメート・マージャーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

インティメート・マージャーIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券をはじめ、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券、100%完全抽選のマネックス証券など、もれなく申し込むつもりです。

インティメート・マージャーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
香川証券 口座なし
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング