ワシントンホテル(4691)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の10月1日からスタートします。ワシントンホテルは、ワシントンホテルプラザR&Bホテル名古屋国際ホテルの3ブランドを運営している企業です。

ちなみに、ワシントンホテルは藤田観光が運営するワシントンホテルから分裂したホテルチェーンなので、紛らわしいですが混同しないように気を付けないといけませんね。

ワシントンホテル

ワシントンホテル(東証2部及び名証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ワシントンホテル
コード4691
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
東海東京証券
岡三証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日10月18日
仮条件決定日9月27日(1,280円~1,310円に決定)
ブックビルディング期間10月1日から10月7日まで
公開価格決定日10月8日(1,310円に決定)
申込期間10月9日から10月15日まで
公募1,800,000株
売出し0株
OA270,000株
吸収金額26.7億円
時価総額153.5億円
想定価格1,290円→公開価格:1,310円
初値価格1,462円

ワシントンホテルIPOの事業内容

ワシントンホテルは、ワシントンホテルプラザR&Bホテル及び名古屋国際ホテルの計3ブランドのホテル事業の運営と、ゴルフ場クラブハウス内レストランの運営を行っています。

ワシントンホテルのホテル網

ワシントンホテルのホテル網

(※画像クリックで拡大)

また、ワシントンホテルは年間延べ62万室(2019年3月期)が利用されている入会費・年会費無料の宿泊予約サイト「宿泊ネット」も運営しています。

宿泊ネット

さらに、ワシントンホテルは全国のワシントンホテル及び名古屋国際ホテルの直営飲食店での飲食に応じてポイント還元を行う無料会員システム「ワシントンレストランカード」を提供しています。

ワシントンホテルIPOの業績

ワシントンホテルの業績

ワシントンホテルIPOの業績は、やや頭打ちといった感じもしますが、概ね堅調で安定しているようですね。

ワシントンホテルのIPO評価

ワシントンホテルは、IPOで人気になりにくい東証2部及び名証2部への新規上場で、規模(吸収金額26.7億円)もそれなりにあるため、需給面が良好とは言えません。

ただ、ワシントンホテルはインバウンドというテーマ性があり、既に株主優待も設置されていることから、一定の評価を得られそうです。

ワシントンホテルIPOの株主優待

ワシントンホテルの株主優待

(※画像クリックで拡大)

よって、ワシントンホテルのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ワシントンホテルIPOは、公開価格を意識した初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ワシントンホテルIPOのその他情報はこちら

ワシントンホテルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ワシントンホテルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。今の地合いのままだと、ややリスクが高そうですが、地合いが良化した場合は、少しだけ参加するかもしれません。

また、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで参加するつもりです。

ワシントンホテルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB不参加
東海東京証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
大和証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中
岡三オンライン証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング