IPO投資では、主幹事を務める証券会社が配分数の80%以上を占めることが多いため、主幹事に申し込むことが当選への近道となります。

ただ、だからと言って平幹事では全く当選しないというわけでもないので、私の平幹事でのIPO当選実績を過去5年にさかのぼって調べてみました。

平幹事のIPO当選実績

平幹事でのIPO当選実績(2014年~2018年)
上場日
銘柄名
証券会社 株数 公募価格 初値価格 利益(1単元)
2014年3月
ダイキョー
ニシカワ
SMBC日興証券 100 1,600円 1,799円 19,900円
2015年4月
Gunosy
SMBC日興証券 100 1,520円 1,520円 0円
2015年10月
ゆうちょ銀行
マネックス証券 100 1,450円 1,680円 23,000円
2015年10月
ゆうちょ銀行
松井証券 100 1,450円 1,680円 23,000円
2015年10月
日本郵政
マネックス証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
松井証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
カブドットコム証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
丸三証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2016年6月
コメダ
ホールディングス
マネックス証券 100 1,960円 1,867円 -9,300円
2016年7月
LINE
マネックス証券 100 3,300円 4,900円 160,000円
2016年10月
キャピタル
・アセット
・プランニング
大和証券 100 2,000円 4,600円 260,000円
2018年7月
MTG
大和証券 100 5,800円 7,050円 125,000円
2018年12月
ソフトバンク
岡三証券 100 1,500円 1,463円 -3,700円
合計 690,300円

※利益金額は全て初値売りで換算(税・手数料込)

※私は家族口座などは一切ないので、全て私個人の当選結果です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

平幹事は、主幹事に比べて当選確率がグッと下がりますが、それでも毎年のように何らかのIPOで当選しています。

特に、ソフトバンクや郵政グループのような超大型IPOの場合は、平幹事での当選も期待できます。また、キャピタル・アセット・プランニングのような超小型IPOに当選することもあるので侮れません。

IPO投資では主幹事に申し込むのが基本です。ただし、資金に余裕がある場合は、平幹事もしっかりと押さえておいた方が良いと思います。

なかでも、100%完全抽選なので抽選配分数が比較的多めのマネックス証券や、IPOに力を入れつつあって前受金も不要(事前入金不要)な松井証券が幹事入りした場合は要チェックです。


マネックス証券のIPOルール

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング